碇利恵

赤堀恵美子の評判「なぜかモテるデブ」結婚・離婚歴があった過去

akahoriyuuna碇利恵

福岡県篠栗町で、5歳児を餓死させたとして母親・碇利恵とママ友の赤堀恵美子が逮捕された事件。碇りえは「騙されていた」として容疑を認めているものの、赤堀恵美子は容疑を否認しています。「碇容疑者を洗脳していたのでは」と言われる赤堀容疑者について、当時の評判や生い立ちがわかってきました。

赤堀恵美子の評判「なぜかモテるデブ」過去には離婚歴があった事実について迫ります。

>>赤堀恵美子はカルト宗教!?男を落とす魔性の女

>>赤堀恵美子夫婦は近所で有名なクレーマー

>>[5歳児餓死事件]父親は子煩悩なイケメン

 

赤堀恵美子の経歴

名前:赤堀恵美子(あかぼりえみこ)

年齢:48歳(自称38歳)

職業:無職・専業主婦

家族:夫と子ども3人

性格:気性が荒く虚言癖もあり、クレーマー体質。周囲とはトラブルがあり、近所では有名な虚言癖のクレーマーだった。学校でもモンスターペアレントとして恐れられていた。

趣味:ほぼ毎日パチンコに通っていた。

外見:かなりのぽっちゃり体型。現在は48歳だが肌にツヤがあるため、10歳サバをよんでも疑われなった。

赤堀恵美子の評判

碇利恵と赤堀恵美子の出会いは、幼稚園が一緒だったというママ友の関係。二人の子供が通っていた幼稚園は、特定班により篠栗町立勢門幼稚園(せとようちえん)であることがわかっています。

 

当時の様子を知る人のツイッターから、赤堀恵美子の評判を知ることができます。

akahoriemikoTwitter

確かにおかしい事は沢山あった。翔ちゃんも上二人も痩せ細っていった。寒くもないのにいつもジャンパー着させてた。
赤堀さんの子供3人は横にめちゃ大きいんだよ。
翔ちゃん達にもっと声かけたらよかった。
そして赤堀さんから名前も年齢も嘘つかれてた事にビックリ。
翔士郎くんは、上着で隠さないといけないほどやせ細っていたんですね。なぜ児童相談所がきづかなかったのか不思議です。児相がくるときは、翔士郎くんを他の子と入れ替えていたのではとも言われています。

 

akahoriemiko-Twitter

人前ゆうなと名乗ったり年齢を嘘ついたり碇さんの横から離れず碇さんに質問したら何故か赤堀が応答してあいさつもせずふてぶてしい印象。赤堀家族全員ブクブク肥えて。周りが気づけなかったの赤堀が常に監視していたからなので

名前は「赤堀ゆうな」年齢は10歳サバよんでたんですよね。ゆうなって、外見に似合わずかわいらしい名前をつけています。

akahoriemiko-Twitter

人前ゆうなと名乗っていましたよね…旦那もゆうなと呼んでいたの不思議たまりません
赤堀恵美子の旦那も「ゆうな」と読んでいたのなら、旦那にもウソをついていたと!恐るべき虚言癖女です。
akahoriemiko-Twitter
福岡ママ友洗脳事件、赤堀さんと碇さんは加害者被害者の関係だけれど、最初周りからはそう見えてなくて、2人まとめて「関わらんとこ」になってたと言っていた。難しいよね周りが気づくのは…

 

akahoriemiko-Twitter

あいつ結構強くなかった?
俺からしたら弱いけど一般人からしたら多分強い方やけんあいつ
勢門幼稚園の頭張っとるっていいよった

2017年なので、赤堀恵美子の子供がまだ幼稚園に通っていたころの話です。「勢門幼稚園の頭張ってる」って、絶対に赤堀恵美子ですよね。

 

赤堀恵美子が幼稚園ママしていた時代のことを調べると、いろいろでてきました。偽名と年齢詐称・・・。息を吐くようにウソをつく人がいますが、赤堀恵美子はまさにそれ。

 

虚言壁がひどすぎて、周りのママ友もうっとうしく思い離れていきました。しかし、なぜか赤堀恵美子のウソを信じてしまう碇利恵。碇利恵と仲良くなりたくて同じ年齢を語ったとも言いますから、「同学年の親しみやすさ」と勘違いして二人の仲が作り上がったのでしょう。

 

赤堀恵美子なぜかモテるデブ

赤堀恵美子は2ちゃんねるでは散々な言われよう。この現代に「5歳の子供が餓死する」という痛ましい事件の犯人が、ぶくぶく太った赤堀恵美子の外見に世間の怒りが向かっています。

 

しかし西日本新聞によると、赤堀恵美子は過去に結婚していたことが明らかになりました。

 

赤堀容疑者は十数年前に大分県内で結婚したが、1年もたたないうちに、当時の夫らに数百万円の負債を残して突然失踪していた。
ある朝、赤堀容疑者は車で家を出た。その際、親族が「何時に帰るのか」と聞いたところ、「分からない」と答え、そのまま行方が分からなくなった。
その後、赤堀容疑者が元夫の名義で消費者金融から借金をしていたことが判明。使っていた義父名義の携帯電話の月間料金も約20万円に上るなど、請求書が次々と届いたという。
引用:西日本新聞

 

赤堀恵美子は十数年前に結婚していたというから驚きです。西日本新聞の記事によると、当時の夫らに数百万円の負債を残して失踪したというトンデモナイ女。その後は一切連絡がつかず、赤堀恵美子の親族を通じて離婚手続きをしたが、今まで行方はわかりませんでした。

 

当時の夫は「(赤堀恵美子が残した)返済が大変だった。福岡県篠栗町事件の報道で(赤堀容疑者を)見て驚いた」と語っていました。

 

こちらとしては、赤堀恵美子が十数年前から同じ容貌だったことにも驚きます。
「昔、赤堀恵美子は美人だった」などの情報も飛び交っていますが、美人はデマですね。しかし福岡県で新しい伴侶を見つけて結婚。

 

デブのまま2回も結婚できたのですから、なぜかモテるデブ。デブ好きの人にはたまらない容姿なのかもしれません。

>>赤堀恵美子はカルト宗教!?男を落とす魔性の女

>>赤堀恵美子夫婦は近所で有名なクレーマー

>>[5歳児餓死事件]父親は子煩悩なイケメン

コメント

  1. ハワイ より:

    赤堀のばばあ顔もブサイク体もブサイク性格もブサイク死んで罪を償え死んだら地獄に落ちる⤵️⤵️