秋篠宮家

秋篠宮さま「眞子を守るのは国民の義務」警備費5億円を約束

akishinonomiya秋篠宮家

文/編集部

秋篠宮さま「眞子を守るのは国民の義務」

makosama

小室圭さんとの愛を成就させ、ニューヨークで王子様こと小室圭さんとの結婚生活を送ることになった、日本のプリンセス眞子さま。

 

現在ネット上で心配されているのは「眞子さまに警備をつけないと誘拐されるのでは」ということ。もしニューヨークで眞子さまが誘拐された場合、皇室や日本政府に金銭要求される可能性があります。

 

眞子さまが皇室離脱したとしても、天皇陛下の姪という関係はそのまま。眞子さまが、アメリカの誘拐ビジネスやテロリストの標的になるのは間違いありません。

 

秋篠宮さまは自分そっくりな眞子さまのことを溺愛して「眞子かわいいかわいい、すげえ可愛い美人!」と言いまくる毎日。「眞子はかわいいから心配だよ。メーガン妃は年間3億円の警備費をかけているんだから、眞子にも年間5億円の警備をつけちゃおうよ。」と涙目で訴えます。

 

本来なら、眞子さまの警備費に税金を使うのは許されないこと。関係者が秋篠宮さまに説明しても「日本国民を守るのは日本の義務ですよ。眞子のことを守るのも日本の義務です。」と聞く耳を持ちません。

 

「誰が僕に意見を言えるんですか?僕、次の天皇ですよ。」と逆切れした結果、眞子さまと小室圭さんの警備費に税金を使うことは決定したと聞いています。メディアでも、眞子さまのアメリカでの住まいや警備はどうなるのか興味深いところ。FNN宮内庁担当記者の見解は差し障りのないもので、もう少し切り込んで欲しかったです。

 

秋篠宮さま「眞子に生活費サポートも」

makosama

「お父さま、お金をたくさん振り込んでくれないと圭さんの機嫌が悪くなるから、毎月必ず圭さんが要求する額のお金を振り込んでね。」と眞子さま。

 

小室圭さんが「月たった2万円のふたりごはん」という本を購入して話題になりましたが、質素生活は雰囲気だけ。小室圭さんも母である小室佳代さんも、お気に入りは高級スーパー成城石井。節約生活を送る気はありません。

 


月たった2万円のふたりごはん【電子書籍】[ 奥田けい ]

しかも眞子さまの好物はフォアグラトリュフ入り7,800円のピザ。「ピザといえばアメリカ!日本ではありえない大きさのピザもあるのよね。」とウキウキ。「料理は苦手だから、毎日夜はデリバリーピザがいいわね。」とニューヨークでの新婚生活が待ち遠しくてありません。

 

眞子さまと小室圭さん結婚の生活設計は、秋篠宮さまからの裏支援頼み。わがまま眞子さまを叱ることのできない激甘な秋篠宮さまは、娘のために大金を支払い続けます。われわれ日本国民は、小室家のATM状態です。

 

秋篠宮さま「小室圭さんに誓約書を要望」

akishinonomiya
英国のヘンリー王子とメーガン妃は警備費を稼ぐため、アメリカのメディアに7億円で出演しました。すでに小室圭さんのところにも、いくつかのメディアが出演交渉を持ちかけている聞いています。

 

眞子さまが、英国のヘンリー王子とメーガン妃のようにゴシップまみれになるのは目も当てられません。「小室圭さんがアメリカのマスコミに余計なことを喋らない」ことが年間5億円もの警備費の条件。

 

特に小室圭さんには、以下の内容が盛り込まれた誓約書を提出するように求めています。

  • 皇室行事一切出禁
  • 夫婦でタレント活動は禁止
  • YouTuberとしての活動は禁止
  • 将来の天皇の伯父を名乗らない

 

>>眞子さま「ロイヤルブランドで荒稼ぎ」

>>眞子さま「渡米後は新興宗教の広告塔」

>>小室圭さん「母と寝る」マザコン男

>>小室圭さん「働かずして金丸儲けの人生」

 

 

コメント