生活

ドクターワンデルで下痢をするという噂は本当?成分をチェック

drwandel生活

ドクターワンデルは犬の歯垢ケアできると人気のアイテム。

歯磨き嫌いな子も歯ブラシを使わなくてもいいので、愛犬のケアに使ってみたい人は多いと思います♪

しかしドクターワンデルについて調べてみると、「下痢」という気になる言葉が出てきます。

これはドクターワンデルを使うと愛犬が下痢をする子がいるのでしょうか。

そこで今回の記事では、次のことを紹介していきます。

  • ドクターワンデルで下痢をする?
  • ドクターワンデルの成分チェック

ドクターワンデルで下痢をする?

ドクターワンデルで下痢をする愛犬もいるようです。

ただし下痢になる子は、ごくわずか。

ほとんどの愛犬は味がおいしいようでペロペロ( *´艸`)

ドクターワンデルで下痢になる子は少ないようです。

ただし愛犬の体調や年齢によっては、下痢になってしまう子もいるとの口コミもあります。

もともとウンチのゆるめなわんちゃんや、10歳以上の高齢の高齢のわんちゃんは、よく考えてから購入した方が良さそうです。

ドクターワンデルの使用を辞めれば下痢も治るのですが、お腹が痛いのはかわいそうですものね( ;∀;)

人間でも牛乳・ヨーグルトが体に合わないで下痢する人もいると思うので、愛犬の体調を考えて判断するのがいいと思います。

わんちゃんによっては、「ドクターワンデルで快便になった」という方もいます。

うちの愛犬(柴犬)もどちらかというと便秘気味なので、ドクターワンデルで下痢になる可能性は低いのかなと思っています。

ドクターワンデルは体に安心な成分で、薬との飲み合わせもOKとのこと。

でも実際にはどのようなものが入っているのか、副作用になりそうなものはあるのかチェックしてみます(^^)/

ドクターワンデルの成分チェック

ドクターワンデルの成分は植物由来の原料を使用しているので、基本的には愛犬が食べても大丈夫なものばかりです。

ただし原料として、「黄粉末グロビゲンPG」と「シソエキス」が配合されています。

もし愛犬が卵やシソにアレルギー症状(食物アレルギー)を持っている場合は、あらかじめ使用を控えた方がいいそうです。

他にも、食材アレルギーの可能性のある食材としては、次の4つがあります。

  • とうもろこし
  • 大豆
  • カツオ
  • 牛肉

とうもろこしは腸内環境を整える役目があるのですが、わんちゃんによっては消化不良を起こしてしまう子もいるとのこと。

大豆アレルギーはごく稀ですが、消化しづらいわんちゃんもいるので注意が必要です。

肉類の中でもっとアレルギー事例が多いのが、牛肉アレルギー。

意外と思われるかもしれませんが、肉食の犬でも牛肉アレルギーのわんちゃんもいます。

カツオアレルギーもほとんど聞かないけれど、カツオでアレルギーを発症する愛犬もいます。

アレルギーの症状としてはかゆみや充血、ひどい場合は下痢や嘔吐などの症状が出ます。

愛犬にこれらのアレルギーがあるのか知らない人も多いと思うので、最初は少量ずつ。

もし体調に異変を感じた場合は、すぐに使用を辞める勇気が必要です。

ドクターワンデルがお気に入りの口コミ

ドクターワンデルがおいしくてお気に入りという口コミもあります。

「歯磨きは嫌いだけど、ドクターワンデルなら大丈夫♪」と喜ぶわんちゃんたちを見ると、試してみたくなりますね。

ドクターワンデルをカンデル(歯磨きガム)にチュ~っと乗せる。

どの子もおいしそうに食べていて、ほっこりします(*´ε`*)

 

この投稿をInstagramで見る

 

☻豆柴ちくわ☻(@mameshiba_chikuwa)がシェアした投稿

ドクターワンデルが大好きな柴犬ちゃん。

柴犬って嫌いなことは絶対にやらないので、幸せそうに歯磨きしている姿がかわいいです(*’ω’*)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ももたろう(@kotachan226)がシェアした投稿

飼い主さんがドクターワンデルを舐めてみたところ、「甘くておいしかった!」という口コミがありました。

わんちゃんたち、甘い味に大興奮ですね!

⇒ペット用ジェル『ドクターワンデル』を試してみる

コメント