ニュース・事件

エリアメール神奈川県だけが多い3つの理由!音量を変更する方法は?

ereamailニュース・事件

1月15日午後1時ごろ南太平洋トンガ付近の火山島が噴火し、気象庁は「噴火の影響で日本にも津波到着」を予測しました。
気象庁の発表を受けて緊急速報エリアメールが送信されると、神奈川県だけが600回超えの異常な回数。
SNS上では「うるさくて眠れない」という苦情が批判の声が投稿されています。

 

エリアメール神奈川県だけが多い理由は何なのでしょうか?
この記事ではエリアメール神奈川県だけが多い3つの理由と、音量を変更する方法についてまとめました。

エリアメール神奈川県だけが多い3つの理由

エリアメールの全国の配信履歴を確認すると、神奈川県だけは600回超え。
他の県は多くても40回のところ、神奈川県だけが異常な配信回数です。

 

神奈川県だけがエリアメールの多い3つの理由について考えました。

神奈川県では各区内ごとに回数を計算

詳しく見てみると、神奈川県では各区内ごとに回数を数えている様子。
各区内の住民にとっては、20回のエリアメール配信でした。

 

一晩に600回エリアメールが届いたわけではなく、地域別に見ると各地域20回ほど。
一晩に20回といえば我慢できなくもないですが、同じ太平洋に面する千葉県はエリアメール5回です。

 

山武市、大網白里市、九十九里町、横芝光町、御宿町の各地域に1回ずつ。
千葉県内は地域あたりで考えると1回の配信回数ですから、やはり神奈川県内は以上な配信回数でした。

黒岩知事が都内在住だから

神奈川県民の間では「黒岩知事は神奈川県外に住んでいるからだ」というブラックジョークが出回っています。
黒岩知事は東京都渋谷区在住なので、エリアメールの爆音速報に無関心という話。

 

1月16日は全国共通テスト2日目なので「受験生を寝かさないようエリアメールを乱発!」とも言われる始末。
もう少し神奈川県民に寄り添った行政をお願いしたいものです。

東京都のエリアメールが少ない

少数意見ですが「東京都のエリアメールが少なすぎるのでは?」という意見。
神奈川県のエリアメール600回は多すぎですが、東京都は少なすぎる気も。

 

東京湾を有する東京都にはエリアメールが1通しか届かなかったとのこと。
「神奈川は多すぎるけど、東京都大丈夫?」の声もありました。

 

エリアメール「音量を変更する方法」

「エリアメールがうるさくて眠れない」と迷惑に思う人が多かったのではないでしょうか。
緊急情報を配信するエリアメールですから、設定をオフにするわけにもいきません。

 

そこでエリアメールの音量を変更する方法についてまとめました。

 

Androidの音量を変更

Androidに届くエリアメールの音量は、次の方法で変更することができます。
災害用キットアプリまたはエリアメールアプリで行います。

【災害用キット】

【エリアメール】

【設定】

【着信音】

【音量設定】

iPhoneの音量を変更

残念ながら、iPhoneにはエリアメールの音量を変更する機能がありません。
エリアメールは、常に最大音量で鳴動くとのことでした。

 

まとめ

神奈川県のみ、エリアメールが600回以上届くという異常事態。
夜中に大音量のアラートが鳴り、音の大きさと頻繁に届く回数に困った方が多くいました。

 

緊急の回避方法としては「エリアメールの設定をオフ」または「機内モード」にすることで対応できます。
ただしエリアメールは必要な配信ですので、日常生活では設定オンに戻しておく必要があります。

 

なお今回、神奈川県のエリアメール配信回数については正式な回答はありません。
県庁の緊急窓口に電話した人の話によると「気象庁で配信しているため止められない」とのことでした。

 

しっかり理由を明らかにして、神奈川県エリアメールだけが多発という事態にはならないでほしいものです。

コメント