ニュース・事件

藤井敏彦の不倫相手の名前と顔画像は?ハニトラか?朝日新聞記者を特定

fujiitoshihikoニュース・事件

経済安保法制準備室室長を務める藤井敏彦・国家安全保障局担当内閣審議官が、経済産業省へ出向することが決まりました。
今回の国会では「経済安保推進法案」を2月下旬に提出予定。
法案の事務方トップであった藤井敏彦審議官が更迭となり、大きな注目を集めています。

 

2月9日文春オンラインにより、続報が報道。
「無届の兼業」と「朝日記者との不倫」が、突然の更迭とみられています。
藤井敏彦さんの不倫相手とはどのような人物なのでしょうか。

 

今回の記事では、藤井敏彦の不倫相手の名前と顔画像は?もしかしてハニトラ?
ネット特定班が朝日新聞記者を特定した件についてまとめました。

 

藤井敏彦の不倫相手の名前と顔画像は?

文春オンラインによると、藤井敏彦の不倫相手は朝日新聞の敏腕女性記者だとしています。
現在のところ、女性記者の名前と顔画像は出ていません。

 

ネット特定班が名前と顔を特定していますが、まだ確定を持てません。
文春オンラインでは、敏腕女性記者の素顔を報じるとのこと。

ネット特定班によると朝日新聞記者の女性は40代といわれています。
新しい情報を待ちたいと思います。

 

藤井敏彦の不倫相手はハニトラか?

藤井敏彦さんの不倫相手が足費新聞の記者ということで、ハニトラではないかといわれています。
女性の罠にハマって、重要な情報はすべて筒抜けだったのでしょうか。

 

藤井敏彦さんは東京大学出身の超エリート。
52歳のとき1都10県を統括する関東経済産業局長、55歳のとき国家安全保障局担当内閣審議官に就任しました。

 

超エリート公務員であるため「ハニートラップにハマったのでは?」と言われています。
朝日新聞記者は40代女性であるといわれているので、一般的なハニトラのイメージとは少し違います。

 

最近は議員同士のW不倫からの結婚もあります。
もしかしたら藤井敏彦さんもハニトラではなく、真面目な大人の恋であった可能性も否定できません。

 

実は藤井敏彦さんの不倫相手の顔写真も出回っています。
まだ確かな情報ではないので公開できませんが、見た目はかなり真面目な印象。

 

「ハニトラって、もうちょっといい女なのかと思った」という意見。
女性のセクシーな色仕掛けで落としたという感じには見えません。

 

藤井敏彦の経歴プロフィール

藤井敏彦さんは1987年に東京大学経済学部を卒業。
東京大学卒業はすぐに経済産業省へ入省し、現在まで様々な役職を歴任しています。

2016年には、1都10県を管轄する関東経済産業局のトップ。
2019年には、国家安全保障局担当内閣審議官に就任しています。

 

今国会で提出予定の「経済安保推進法案」では、事務方トップを担っていた藤井敏彦さん。
すでに後任の審議官が発表されていますが、岸田内閣目立の法案がどうなるか不透明となっています。

 

まとめ

今回の記事では、不倫相手の名前と顔画像は?ハニトラか?ネット特定班が朝日新聞記者を特定についてまとめました。
一部の情報では、すでに不倫女性の名前と顔画像が出ていますが、まだ未確定。
現在、その情報を確定すべく調査を続けています。

 

藤井敏彦さんがハニトラにかかったとの噂もありますが、この点も現在調査中。
不倫相手と言われている女性は、まさに敏腕女性記者という感じ。
真面目そうな顔写真で、ハニトラにかける色仕掛けがあるかは見た目ではわかりませんでした。

 

今後新しい情報が入り次第、追記していきたいと思います。

コメント