白金高輪駅

花森ひろたか琉球大学農学部を中退「昆虫学者になりたかった」周りからは変人扱い

hanamorihirotakauniversity白金高輪駅

白金高輪駅のエスカレーターで、大学後輩の男性に硫酸をかけた事件。28日午前11時、沖縄県内で全国指名手配中だった花森ひろたか容疑者が逮捕されました。花森弘卓は、琉球大学農学部に通っていたことがわかっています。

 

花森ひろたか琉球大学農学部を中退!昆虫学者になりたかったが周りからは奇人扱いされていた過去について深掘りします。

 

※追記あります。
花森ひろたか容疑者は現在、別の大学に在籍していることがわかりました。

※追記あります。
花森弘卓と被害者男性は、同じ映画サークルに所属していました。

※追記あります。
花森弘卓は、静岡大学に編入していることがわかりました。

 

>>花森弘卓の犯行理由はTwitterブロックだった

>>花森弘卓の生い立ちが悲惨「父母の壮絶死」

>>白金高輪の硫酸犯人を5chで特定してた

>>白金高輪駅被害者のイケメン顔画像

>>眞子さま「9月11日に結婚を発表」

花森ひろたかの大学を特定「琉球大学農学部」

hanamorihirotakauniversity

捜査関係者によると、花森弘卓容疑者は沖縄県内の大学に通っていたとのこと。農学部に在籍していたことがわかっています。

 

そこで沖縄県内にある大学について調べたところ、短期大学も含めて9校ありました。

 

  • 国立琉球大学
  • 沖縄県立看護大学
  • 沖縄県立芸術大学
  • 名桜大学
  • 沖縄キリスト教学院大学
  • 沖縄国際大学
  • 沖縄大学
  • 沖縄キリスト教短期大学
  • 沖縄女子短期大学

この9校の大学の中で、農学部があるのは琉球大学の1校のみでした。琉球大学とは、昭和25年に沖縄唯一の総合大学として設立。現在は人文社会学部・国際地域創造学部・教育学部・理学部・医学部・工学部・農学部の7学部あります。

 

意外と昆虫学を学べる学部学科は少なく、国公立大学の中では東京大学や琉球大学を含めて28校のみ。私立大学ではもっと数が少なく、明治大学や近畿大学など6校のみしか昆虫学研究室はありません。

琉球大学の農学部亜熱帯農林環境学部には昆虫研究室があり、基礎昆虫学を学ぶことができます。

 

近所の人の話によると、小さなころか虫好きだった花森弘卓容疑者。憧れの昆虫学博士となるために、猛烈に勉強して琉球大学に入ったことがわかります。

【追記】花森弘卓と被害者男性「映画サークルに所属」

花森弘卓と被害者男性は、ともに琉球大学に在籍。その中でも、同じ映画サークルに所属していることがわりました。

 

白金高輪駅から逃走の花森弘卓の写真を見たときは「鍛えた体は郡代出身?」 などと外国人説が出ていたほど。しかし実際には映画サークルとのこと。

 

花森弘卓と被害者男性の間に、どのような憎悪があったのか花森弘卓の供述が待たれます。

花森ひろたか「虫を育てる研究をしていた」

hanamorihirotakamushi
花森弘卓容疑者を知る女性が「自宅の庭で虫を育てる研究をしていた」と証言していました。

 

他にも花森弘卓容疑者を知る人は「どちらかとえいば大人しい子でしたよ。小さな声ですけど会えば挨拶しますし、良い子だった印象です。よく自宅の庭で虫か何かを育ててたみたいで、変わっているけど熱心な子だと思ってました。」とのこと。

 

大きな体格でも虫を愛する優しい心。まるでドラゴン桜2に出てきた健太を思い出させます。


健太は発達障害(自閉症)サヴァン症候群ですが「虫を殺さない世界を作りたい」と東京大学を目指します。花森弘卓も、人には理解されにくい天才だったのでしょうか。

 

花森ひろたか「昆虫学者になりたかった」

hanamorihirotaka
花森弘卓は思いこむと周りが見えなくなる性格だったといいます。虫を好きすぎる行動が、周りの人からは奇妙に見えることもありました。

 

「虫が入っている透明ケースを持ち歩いてるのを見たことがあります。ニタニタしてて話しかけづらい雰囲気でした。」

 

もしかしたら花森弘卓容疑者は珍しい虫を捕まえたのかもしれませんが、周辺住民にとっては「なんだか気味の悪い青年」として映っていたとのこと。ここ数年で両親2人ともを病気で亡くし、大きな一軒家に一人で暮らしていた花森弘卓容疑者。

 

父親も母親も病気で亡くなり同情する部分も多いのですが、働かずに外でフラフラ出歩く花森弘卓を気味悪いと思う人も少なくありませんでした。

 

【追記】花森ひろたか「現在は別の大学に在籍」

花森容疑者は琉球大学出身で被害男性と同じサークルに所属していたが、男性にはトラブルの心当たりはないという。花森容疑者は現在、別の大学に在籍している。
引用:産経新聞

花森ひろたか容疑者は琉球大学を中退したものの、現在は別の大学に在籍していることがわかりました。近所の人の話では「静岡県内の大学に通学している」とのこと。

 

静岡県内の大学ということで、ネット掲示板では「静岡県立大学か」との書き込みも。昆虫学を学び続けているなら、国立静岡大学の農学部という可能性もあります。

【追記】静岡大学の農学部に編入

2020年度に静岡大学農学部の3年次に編入していたことが28日、関係者への取材で分かりました。虫好きの花森弘卓容疑者。やはり昆虫学博士になる夢は捨てられず、昆虫学を学べる農学部に編入していました。

 

2020年度に静岡大学農学部3年に編入したということは、今年度は4年生に進級。多くの学生は就職活動をしていて、すでに就職先が決まっている学生もいます。花森弘卓は就職先が決まっていないことも不安で、さらに追い詰められていたのでしょうか。

 

昆虫学を学びながら狂気を育てる花森弘卓。そばで花森弘卓の異変に気付ける家族がいなかったことも不幸。アシッドアタックを成し遂げた花森弘卓の心中は晴れ晴れとして、警察には何も語らないままだといいます。

>>花森弘卓の生い立ちが悲惨「父母の壮絶死」

>>花森弘卓の犯行理由はTwitterブロックだった

>>白金高輪駅被害者のイケメン顔画像

>>眞子さま「9月11日に結婚を発表」

コメント