秋篠宮家

悠仁さま「お茶の水女子大学付属高校に進学」男子一人の特例

秋篠宮家

文/編集部

悠仁さま「お茶の水女子大学付属高校に進学」

hisahitosama

悠仁さまは現在、お茶の水女子大学付属中学校の3年生。来年からは高校に進学するため、どこの高校に進学するのか注目を集めていました。

 

お茶の水小学校から、慣れ親しんだ中学校へ内部進学。お茶の水女子大学付属高校は女子校のため高校は外部進学で、筑波大学附属高校、慶應義塾高等学校、東京農業大学第一高等学校などの高等学校に進学するとみられていました。

 

ところが、進学先と考えていた高校からは全てお断りの返事。眞子さまと小室圭さんの年内結婚が決まり、小室佳代さんの身内が反社の関係者なので、各高校が「悠仁さまの入学を拒否」しているというのです。

 

「お茶の水女子大学付属高校を共立化」も言われましたが、OGによる大反対。さすがの紀子さまのわがままをもってもお茶の水女子大学付属高校の共立化は通りませんので、特例として悠仁さまが男子一人入学する可能性がでてきました。

 

悠仁さま「お茶の水女子大学付属高校で将来のお妃候補選び」

hisahitosama
9月6日は悠仁さまのお誕生日で、15歳を迎えました。悠仁さまは秋篠宮皇嗣殿下と妃紀子さまの第一男子で、未来の天皇陛下となります。悠仁さまは男児を授からなければならない責務があり、将来のお妃選びは重要です。

 

その点、悠仁さまがこのままお茶の水女子大学付属高校に進学すれば、ご学友はすべて女性。誰に気兼ねすることなく、自由に将来のお妃候補を選べるというわけです。

 

悠仁さまにはすでに好きな女の子がいて、学校のない日も写真を持ち歩いてニヤける日々が続いています。悠仁さま自身も駄々をこねてお茶の水女子大学付属高校に進学希望とのこと。男子お一人でお茶の水女子大学付属高校は女子校ですが、このまま大学院まで進学する予定です。

 

悠仁さま「学習院高等科に入学か」

hisahitosama
当初は紀子さまが根回しした「お茶の水女子大学付属高校と筑波大学附属高校との交換制度」により、筑附への入学が確実視されていました。ところが眞子さまと小室圭さんの結婚報道が影響したのか、悠仁さまの筑附への入学は見送り。小室佳代さん身内の反社問題があり、筑附以外の高校からもすべてお断りされたというのです。

 

また母親である紀子さまのモンペぶりも有名なので、今となってはお茶の水女子大学付属高校しか進学先がない状態。そこで再び学習院高等科への進学案が浮上してきました。

 

kikosama

2019年4月26日お茶の水女子大付属中学校で、悠仁さまの机に刃物が置かれていた事件。容疑者の長谷川薫(56)が逮捕されましたが、。実は悠仁さまの席に槍が置かれていた事件も「学習院以外は危険」と印象づけるための自作自演だったことが明らかになりました。

 

ある皇室ジャーナリストは「校内滞在時間20分という短い犯行時間で、確実に悠仁さまの机に槍を置いています。お茶の水側の情報漏洩が考えられますが、一切そこには触れられない点が怪しいです。謎が残る事件ですが、あれ以来『悠仁さまを学習院へ!』という世論は盛り上がりましたね。」と話していました。

 

宮内庁関係者によると「悠仁さまは学習院高等科に進学する方向で話を進めています。しかし秋篠宮さまが『特例で、お茶の水女子大学の大学院まで通わせたい。』とのご希望で調整中です。」とのことでした。

 

>>眞子さま暴露本を出版「真実の愛」

>>小室圭さん「婿入りで秋篠圭へ」

>>小室圭さん発達障害「ママは元モデルだよ」

コメント