秋篠宮家

悠仁さまの成績表はトップクラス!?筑波大学附属へ進学

hisahitosama秋篠宮家

悠仁さまは、現在、お茶の水女子大学附属中学の3年生。
お茶の水女子大学附属は高校から女子校になるので、悠仁さまの外部へ進学することになります。
そんな中、文春が「悠仁さまの進学先は筑波大学附属高校」と報じました。

 

ネット上では「悠仁さまの学力はどうなのか?」と懐疑的な意見が多いです。
悠仁さまの成績表はトップクラス!筑波大学附属へ進学の可能性について深掘りします。

 

悠仁さまの成績表はトップクラス!?

hisahitosama

悠仁さまが進学するとみられる筑波大学附属高校は、全国トップクラスの進学校です。
毎年30人前後の東大合格、京都大学も10人前後が合格。
早稲田・慶應・上智・東京理科大の合格者は250人にものぼります。

 

筑波大学附属高校は高校受験もあり、偏差値67、倍率は約3.2倍の狭き門。
悠仁さまは入学試験を受けず「提携校進学制度」を利用する予定とのこと。

 

「提携校進学制度」とは2022年入学までに設けれられた特別制度。
お茶の水女子大学と筑波大の附属高校間で、書類審査がメインで進学が可能になる制度です。

 

悠仁さまは、お茶の水女子大学附属中学校の教員から、筑波大への出願を認められたとのこと。
悠仁さまの成績表はトップクラスのため、まったく問題がないらしいのです。

 

悠仁さまの成績表がトップクラスである理由はいくつか考えられます。

 

【理由1】悠仁さま成績表トップレベル!?

一つ目は単純に、悠仁さまがかなり優秀であるということ。
令和天皇は勤勉で大変優秀ですから、甥である悠仁さまも語学はネイティブレベル。
悠仁さまは作文や作品が優秀賞を受賞していますから、飛びぬけた才能があるのかもしれません。

 

【理由2】悠仁さま成績表トップレベル!?

筑波大への進学に向けて、悠仁さま自身が猛烈に勉強されているという可能性。
2021年11月30日秋篠宮さまの56歳ご会見では「悠仁さまが机に向かう時間長く」と話されていました。

 

「1年前と比べると机に向かっている時間が格段に長くなっているんですね。そういう日々を過ごしているわけですけれども、私も時々、そんなしょっちゅうではないものの机に向かって問題を解いている様子などを見ることがあり、そのような時に改めて、今15歳で中学3年生ということを当然のことではあるんですけれどもそういうときに実感することがあります。」

 

 

机に向かっている時間が勉強している時間とは限りませんが、机に向かう時間が長くなったとのこと。
悠仁さまには8人の家庭教師がついているともいわれ、猛烈に勉強していた結果が出ているのかもしれません。

 

【理由3】悠仁さま成績表トップレベル!?

秋篠宮さまは学習院大学時代、教授から試験問題をそのまま教えてもらっていたという話があります。
秋篠宮さまを試験に合格させるために、教授が練習問題を渡したという話。

 

秋篠宮さまはそれを持ち帰り、答えをそのまま覚えて試験に臨んだという話があります。
また秋篠宮さまが受講した講座では落第生がでなかったという都市伝説も。

 

 

 

 

秋篠宮さまが学習院を嫌う理由は「礼宮さまへの忖度で落第者がいない」と言われるのが気に食わない?
悠仁さまが学習院に進学しない理由についていろいろな情報が出てきました。

 

悠仁さま「筑波大学附ひさひとさま

hisahitosama

文春は、悠仁さまが筑波大学附属へ進学することを報道。
以前から筑波大学附属が有力視されていたので、おそらくその通り進学するものと思われます。

 

眞子さんの結婚についても、メディア報道の通りに事が進んでいました。
このまま眞子さんと小室圭さんの結婚は破談になると思われていた中、突然の小室圭さんの帰国。

 

眞子さんと小室圭さんの入籍もパスポート取得も、メディアの予想通りなっていました。
これは宮内庁関係者がメディアに情報を流していたと考えられます。

 

今回悠仁さまの筑波大学附属高校への進学も、突然の入学だと国民のブーイングは必死。
念のため小出しに本当の情報を出して、国民にとっては「やっぱり筑波大学附属へ進学した」と思わせる方法です。

コメント

  1. 匿名 より:

    英デイリーメ-ルによると、小室眞子さんは、クリスマス前に、手土産片手に元駐日大使だったキャロライン・ケネディさんを訪問し、来年2月の小室圭氏の司法試験合格を依頼した模様です。

    3
    2