秋篠宮家

悠仁さまに障害がある?補聴器をつけて手話で会話していた画像

hisahitosama秋篠宮家

悠仁さまは筑波大学附属高校への推薦入試がほぼ決まっているといいます。
連日公開される悠仁さま高校進学に関する週刊誌の記事では「皇室初の東大出身の天皇」の文字。
すでに筑波大学附属高校から東京大学までの進学は決まっているようです。

 

ところが学力優秀といわれている悠仁さまですが、実は障害があるという話があり、たびたび補聴器をつけて手話している様子が目撃されていました。
この記事では、悠仁さまに障害があるのか、補聴器をつけて手話で会話していた過去の様子について深掘りました。

悠仁さまが併願受験しない理由「提携校進学制度の内定者も試験を受ける必要があった」
悠仁さまが筑波大学附属高校を一般受験したと報道。一般受験者に交じって5教科を受験したことですが、併願校は受験しない予定。悠仁さまが併願受験しない理由、提携校進学制度の内定者も試験を受ける必要があったのは本当か

悠仁さまに障害がある?

hisahitosama

皇室ファンの一部の方の中では、悠仁さまが幼いころから障害があると言われていました。
実際に、補聴器をつけている画像があるというのです。
さっそく探してみると、確かに悠仁さまの耳に補聴器らしきものが見えます。

 

悠仁さまの髪型も、耳を隠す長めの髪は補聴器を隠すためと言われています。
障害と言われるほどではありませんが、耳が聞こえづらい状況なのかもしれません。

 

hisahiotsama

いつも悠仁さまは耳を隠す髪型で、補聴器を隠していると言われています。

悠仁さま「補聴器をつけて手話で会話」

幼少期の頃、悠仁さまは手話で会話しているところが撮影されています。

 

記事の補足文にも「悠仁さまを手話で励まされる紀子さま」と書かれています。
写真に写る悠仁さまは、まだ4~5歳のころでしょうか。
このころから手話で積極的に話すということは、やはり手話が必要な状況であるのは間違いありません。

 

また小学生の運動会のときにも、悠仁さまが手話で話しているところを撮影されています。
このときは応援席にいる秋篠宮さまと手話のやり取りが読み解かれています。

悠仁=手話で話しましょう
父=頑張れ
おばさん=不明

 

紀子さまと佳子さまが手話がお上手なのは知っていましたが、秋篠宮さまも手話で会話できるのは知りませんでした。
悠仁さまには、日常的に手話での会話しているのでしょう。

 

悠仁さまには拡声器を使用して挨拶

悠仁さまがお茶の水女子大学附属小学校に入学される際の会見より、悠仁さまの障害が明らかになっています。
「ご入学おめでとうございます!」この言葉を拡声器を使用して話していることが、悠仁さまの障害「難聴」の裏付けにもなっています。

 

このときの悠仁さまは補聴器をつけていません。
だからこそ、マスコミ陣は大きな声でゆっくりと話しかけたのでしょうか。

悠仁さま「一人だけお辞儀をしない謎」

秋篠宮さま、紀子さま、悠仁さまの前には、全国から集まった豆記者の皆さん。
お互いに深々とお辞儀している様子が報道されました。

hisahitosama

 

しかし悠仁さまだけが頭を下げず、呆然として立ったまま。
どういうことなのでしょうか。

ネット上では「礼儀を教えるべき」などと言われましたが、もしかしたら難聴で聞こえづらい状況だったのかもしれません。

紀子さまの過保護ぶり

皇族が学習院初等科以外の小学校に進むのは戦後初めてとのこと。
悠仁さまが入学するにあたり「お茶の水女子大学附属小学校では警備関係者のための待機施設を新たに作るなど準備を進めてる」と伝えられました。

 

またお茶の水女子大学附属小学校の最寄り大塚署では、悠仁さまの通学時の安全のために警備体制を強化していました。
紀子さまが納得されたことで、大塚署は警視総監賞を授与されました。

 

悠仁さまに尽くしたことで警視総監賞をもらえるとは、かなり驚きです。
ところが眞子さまをPTSDと診断したNTT東日本関東病院の秋山剛医師も、WFMH理事長に選出されていました。

 

WFMHは、World Health Organization (世界保健機構)やUnited Nation (国際連合)の支援を受けて1948年に創立された組織。
今まで日本人で次期理事長に選出された方はいないとのこと。
秋山医師が理事長になれたのは、眞子さまを診断した功績が認められたからなのかと勘繰る人が多いです。

 

確かに、眞子さんはNYでは通院する必要はないのでしょうか。
眞子さんは病気を患ったまま渡米しますが、悠仁さまに対しては大塚署に警視総監賞を出すほどの過保護ぶりです。

 

悠仁さまが併願受験しない理由「提携校進学制度の内定者も試験を受ける必要があった」
悠仁さまが筑波大学附属高校を一般受験したと報道。一般受験者に交じって5教科を受験したことですが、併願校は受験しない予定。悠仁さまが併願受験しない理由、提携校進学制度の内定者も試験を受ける必要があったのは本当か

コメント