エンタメ

鍵山優真の父の若い頃はオリンピック出場!イケメン選手時代の顔画像

kagiyamayuma-fatherエンタメ

北京オリンピック フィギアスケート男子に鍵山優真選手が出場。
初めてのオリンピックですが、伸び伸びとした若さ溢れる演技で多くの人を魅了しています。

 

そんな鍵山優真選手の父も若い頃はオリンピックに出場していたとのこと。
そのときはイケメン選手として人気だったといいます。

 

そこで今回の記事では「鍵山優真の父の若い頃はオリンピック出場!イケメン選手時代の顔画像」として、鍵山優真選手の父について深掘りしています。

 

鍵山優真の父は鍵山正和

鍵山優真選手の父は、鍵山正和さん。
いつも鍵山優真選手の隣にいて、コーチとして指導しています。

 

ここで鍵山正和さんのプロフィールを確認しておきます。

名前:鍵山正和
生年月日:1971年4月12日
出身地:愛知県名古屋市
職業:コーチ
学歴:
愛知工業大学名電高等学校
愛知工業大学中退

 

鍵山優真の父の若いころはオリンピック出場

鍵山優真選手の父も、2度オリンピックに出場しています。

  • 1992年アルベールビルオリンピック
  • 1994年リレハンメルオリンピック

 

アルベールビルオリンピック12位、リレハンメルオリンピック13位という結果。
そしてリレハンメルオリンピック後、1994年に現役引退しました。

 

鍵山優真の父・正和さんが現役引退するまでの成績はこちらです。

1988年 全日本ジュニア選手権優勝
1989年 全日本ジュニア選手権優勝
1989年 世界ジュニア選手権3位
1990年 全日本シニア選手権2位
1991年 全日本シニア選手権優勝
1992年 全日本シニア選手権優勝
1992年 アルベールビル五輪13位
1993年 全日本シニア選手権優勝
1994年 全日本シニア選手権2位
1994年 リレハンメル五輪12位

 

鍵山優真の父は日本フィギアスケート界で第一人者として活躍した選手。
1994年世界フィギアスケート選手権大会記念切手も発売されていました。

 

こちらが鍵山優真の父の正和さんのフィギアスケート姿です。
当たり前ですが、鍵山優真選手とお父さんのスケーティングはそっくり。

 

 

現在、鍵山優真選手が18歳ですから、まだかわいらしい感じ。
父親の正和さんはもっとシュッとして大人っぽく、色気がありますね。

 

父・正和さんの結婚と離婚

鍵山優真の父・正和さんは、リレハンメル五輪のときに左手薬指に指輪をしているのが確認されています。
父・正和さんは、24歳のときには結婚していたとみられます。

 

1994年に現役引退後はプロに転向して、インストラクターを務めていました。
こちらは「プリンスアイスワールド 1996」の映像です。

鍵山正和さんの妻に関する情報はほとんど見つかりません。
2003年に鍵山優真選手が誕生して、鍵山正和さんは離婚。
いつ離婚したのかはわかりませんが、離婚後はシングルファーザーとして鍵山優真さんを育てました。

 

父子家庭として、父ひとり子ひとりの生活。
家事は父である鍵山正和さんがすべて担当して、朝練のときも父親が鍵山選手を起こしていたそうです。

コメント