秋篠宮家

紀子さまが激やせ「食事が喉を通らない」小室佳代さんからの圧力に激震

kikosama秋篠宮家

文/編集部

紀子さまに激震「小室佳代さんからの圧力」

6月小室佳代さんの告白として「週刊文春WOMAN」にインタビュー記事が掲載。この衝撃のニュースに秋篠宮家にも激震が走りました。

 

宮内庁関係者は「紀子さまは小室佳代さんのインタビュー記事が出ることを知り、さっそく週刊文春WOMANを取り寄せました。内容は息子の小室圭さんのことだけではなく、眞子さまのことについても触れていたので大変驚かれて・・・。

 

その後はすぐにスマホでSNSのコメントをチェックされました。とても長時間スマホに掛かりきりでコメントをチェックされていたため、お疲れがでたようです。」と話します。

 

またある皇室ジャーナリストによると「小室佳代さんが色々と記者にしゃべったのは、遠回しに
『私がその気になれば、何でもしゃべるからね!』という圧力なのでしょう。紀子さまもそのことは十分に理解していますので、かなりの御心労だと思います。」とのこと。

紀子さまの激やせ画像

秋篠宮ご夫妻は7月6日、東京五輪の日本代表選手団の結団式をオンラインで視聴された。公開されたご夫妻のお姿は「紀子さまがおやつれになったのでは」(皇室記者)という声が上がるほどだった。

引用:NEWSポストセブン

 

紀子さまのおやつれ具合は、他の週刊誌でも取り上げられるほど。たった1ヵ月半で、これほどおやつれになるのはお気の毒なくらいです。

5月17日の紀子さま

kikosama
2021年5月17日、秋篠宮ご夫妻は宮城県気仙沼市と高知県四万十町の地域おこし協力隊員らとオンラインで交流しました。このときはいつもと変わらず、ふっくらしたお顔の紀子さま。

7月6日の紀子さま

kikosama
2021年7月6日、秋篠宮ご夫妻は東京五輪に出場する日本選手団の結団式をオンラインで視聴されました。あごの肉が削げ落ちて、丸顔だったフェイスラインが逆三角形になっています。

 

顔色も悪く、目もうつろな紀子さま。小室佳代さんが週刊文春WOMANにインタビュー記事を掲載した以降、体調がすぐれないというのは本当のようです。

kikosama

ちなみに、昨年11月5日の紀子さまのときと比べるとお顔の色が悪く、たった半年で5歳も年取った印象です。

紀子さま「眞子さまの結婚を知恵袋に相談」

小室佳代さんのインタビュー記事が週刊文春WOMANに掲載されてから、前にもましてネットパトロールを強化させていた紀子さま。最近になるまでほとんど弱音を吐かなかった紀子さまですが、現在はすっかり変わられたとのこと。

 

そんな紀子さまが、ついに眞子さまの結婚をヤフー知恵袋に相談していたというから驚きです。

 

chiebukuro

娘の結婚に大反対の母です。
大学卒業から資料館職員をして来た娘が結婚したいと言い出しました。その男は一見、イケメンで爽やかな感じです。でも22歳から5年働いた銀行を退職してしまっていて現在は司法書士の事務所で働いていますが正式に採用されている訳ではないそうです。

 

chiebukuro

 

ん? どっかで聞いた様な話だけど・・
ただ婚約破棄、慰謝料請求の部分と現在の職業が違うかな?

娘の結婚相手である男性が、すぐに小室圭さんとわかる経歴。国際弁護士のところが司法書士としていますが、間違いなく小室圭さんのことです。

 

ヤフー知恵袋には「司法書士に合格していないのに結婚なんて危険」「お互い冷静になるよう1年保留」という回答がありました。現在眞子さまと小室圭さんの遠距離恋愛は4年目。お互いが冷静に考えて、リスクに気付ける日が来るでしょうか。

 

>>紀子さまが激やせ「食事が喉を通らない」

>>紀子さま「川嶋の両親に豪邸をプレゼント」

>>紀子さま「眞子宮家を創設しましょう」

コメント