秋篠宮家

小室佳代さん「4月ICUで手術→5月長期入院→6月アキレス腱断裂」病弱アピールするセレブ

komurokayo秋篠宮家

小室佳代さんの4月「ICUで手術」

「たしか文書が発表された4月8日が手術じゃなかったかな・・・。まだ私はICUの中にいたと思うんです。」

 

文春WOMANの記者に、このように答えていた小室佳代さん。4月8日に発表された文書とは、小室圭文書のこと。麻酔で意識が朦朧としているとき、病院の人から「文書がでてすごい騒ぎですよ!」と言われたと証言しました。

 

手術後は体調が悪く、入院は2週間だったが1ヵ月近く入院。4月上旬からの手術入院中、勤務先である老舗洋菓子店はお休み。ところが5月中旬に職場復帰したとものの、6月上旬にはまたお店を休み始めていました。

 

小室佳代さんの6月「アキレス腱断裂は職場の事故」

「6月上旬だったと思います。彼女が職場に診断書を持参して『休ませてください』と言う。聞けば数日前、夕刻の終業後に更衣室で仕事用の履物から自分の靴に履き替えようとした時、姿勢を崩してアキレス腱を痛めてしまったというのです」
引用:デイリー新潮

 

デイリー新潮の取材班により、小室佳代さんの病名は「アキレス腱断裂」と報道されました。病気を治し退院してわずか半月後。職場で自分の靴に履き替えようとしたときに、アキレス腱が断裂するほどの事故が起きたのです。

 

アキレス腱断裂する原因の9割はスポーツ。ダッシュやジャンプする腱への負担が大きいとき、アキレス腱断裂しやすいといわれています。

 

アキレス腱断裂する原因の残り1割は、60歳以上に多い転倒や転落などの不慮の事故。小室佳代さんは1966年生まれで、現在は55歳。小室佳代さんが突然激しい運動をしたか年齢による転倒の可能性が高いですが、小室佳代さんは「事故であった」と言います。

 

事故の現場は誰も見ていないので、証拠となるのは小室佳代さんの言葉のみ。現在、老舗洋菓子店の社長は「事故があったことを事業主として証明する書類」に署名していません。

 

小室佳代さん「病弱アピールするセレブ」

小室佳代さんを襲う病気やケガ。現在もアキレス腱断裂が完治していないのか、小室佳代さんは無断欠勤状態が続いています。

 

小室佳代さんの病弱アピールで、いまは松葉杖が小室佳代さんの必須アイテム。しかしその松葉杖の使い方も「ウソ臭い」とクレームが続出しています。

 

松葉杖 流行かな? (何かの暗号メッセージ)小室圭 母 小室佳代 右写真(どちらも怪我した人の杖になっていない……)
komurokayo

 

小室佳代おばさんがケガをした様です。アキレス腱を断絶?自分の経験から写真の様な歩き方は出来ません。
半端ない激痛が走り片松葉杖なんて無理無理!嘘のつき方が荒っぽくて笑える。
komurokayo

無い無い無い。同情を引く演技なんだろうが、バック掛けた側に松葉杖をしない。あざとい嘘付きおばさん┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

4月以降ほとんど働いていないのに、移動はタクシーで愛用スーパーは成城石井。小室佳代さんの密着取材から目が離せません。

コメント