秋篠宮家

小室圭さん「本音は佳子の方がよかったけど」徹底的リサーチで眞子さまの運命の人に

komurokei秋篠宮家

文/編集部

小室圭さん「佳子の方がよかった」

「小室圭さんはICUに眞子さまがいると知って『コーゾクいんの!? スゲー!!!』と叫んで大騒ぎしてました。」(小室圭さんの知人)最初は見世物パンダ扱いで見てた眞子さま。しかし小室圭さんが「同じ大学に眞子さまがいる」と母親の佳代に知らせてから、状況が変わります。

 

「圭ちゃん、眞子さんと結婚しなさい。お姫様と結婚できたら働かなくていいのよ。ママを楽させてほしいわ。」と唾を飛ばしながら大興奮の小室佳代さん。始めは「見た目が趣味じゃないから」と眞子さまと付き合うのを拒んでいた小室さんも、毎日車で送り迎えつきの眞子さまを見ていて「自分もああなりたい」と強く意識します。

 

「佳代さんの指示によって、偶然を装って交換留学生の説明会に参加したり、スキーの幽霊部員になったりしてました。」(小室圭さんの知人)

 

「佳子の方がよかったけど~」と言ってまわってたのは有名な話。「女を選ぶ基準は見た目」と言い切る小室さんは、太った人を馬鹿にするのは大好物なのです。小室さんはスリムで美人な女性が好きですから、本当なら眞子さまは規格外です。

 

徹底的リサーチで眞子さまの運命の人に

小室さんのパリピ時代の写真は女の子とのツーショットばかり。しょっちゅう女の子と友達になることを考えています。

 

大学のサークルや勉強会は、眞子さまに近づける絶好のチャンス!経験豊富な小室さんはいきなり眞子さまに近づかず、まずは女友達を作ることから始めていました。

小室さんの友人が眞子さまとの馴れ初めを聞くと「女友達から眞子さまの好きな物や欲しいものを聞いておいて与えると、自分のことを運命の人と思い込んで好きになってくれるんだよね。」とかなり自慢げ。眞子さまの運命の人になりきるため、タッキー似に整形したというウワサもあります。

 

無事に眞子さまと付き合えるようになると「おれ、眞子さんの運命の人だから!」と自慢するのはいつものこと。お酒が入ると「圭さまと呼べー!」とよく叫んでいました。

 

眞子さまはおれにベタぼれ

本来の小室さんは「デブ、ブスは俺の視界に入るなよ!」と平気で口にするタイプ。ぽっちゃり体型の眞子さまは、明らかに小室さんのタイプじゃありません。しかしロイヤルパワーによる就職の口利きや海外留学は魅力なので、愛はないけど小室さんの結婚の意志は揺らぎません。

 

眞子さまは惚れた男に尽くすタイプなので、小室さんのためにできる限りのことをしてくれます。
「眞子はおれにベタぼれだから『ちょっと困ってるんだ』『お金を融通してくれるかな』と甘えるとどうにでもなる。」と語っている小室さん。毎月の生活費とお小遣いを眞子さまから送金してもらっているのは、皇室ファンなら周知の事実です。

 

眞子さまの好みを徹底的にリサーチして運命の男性になりきっていますが「借金を踏み倒した」と言われるのはプライドが許しません。「元婚約者との金銭トラブルに関する文書は眞子さまの意向」という情報を流し、あくまでも自分は従っただけというスタイルにする姑息な技はさすがです。秋篠宮さまも小室さんに良いように使われていることを知っているはずなのですが、近々結婚を認めると聞いています。

>>眞子さまストレスで激太り「まるで妊婦?」

>>眞子さま休館日に出勤「無人の職場で驚きの行動」

>>眞子さま「結婚一時金なしでも困らない」

>>秋篠宮さまが結婚を破談にできない理由

小室圭さん「タッキー似に整形してた」眞子さまから逆ナンパさせた凄ワザ
小室圭さん、がんばって眞子さまに近づくための作戦がすごい。以前から「小室さんがタッキーに似てる」とか言われていたけど整形までしてたとは。眞子さまに滝沢秀明好きだもんね。今は眞子さまが整形費用出してさらにアメリカで整形してるんだとか。

コメント