エンタメ

小手川結翔の出身高校や進学先はどこ?経歴プロフィール

kotegawayukaエンタメ

2月27日、小手川結翔さんがミライモンスターに登場します。
小手川結翔さんはパリオリンピックを目指すブレイキンの選手。
ブレイキンはパリ五輪で追加種目なったダンス競技で、日本一を決める全日本ブレイキン選手大会のユース女子部門で全国優勝しています。

 

小手川結翔さんは、日本ダンススポーツ連盟(JDSF)ブレイクダンス本部の強化選手10名にも選出されています。
次世代を担う若手選手、小手川結翔さん。
現役高校生でもある小手川結翔さんの経歴が気になりますよね。

 

この記事では「小手川結翔の出身高校や進学先はどこ?経歴プロフィール」として、小手川結翔について深掘りしていきます。

小手川結翔の出身高校は

小手川結翔さんの出身高校は第一学院高等学校(千葉キャンパス)を卒業予定です。
2021年の高校2年生のときは千葉敬愛高校に通っていました。
2020年全日本ブレイキングで優勝のときには、千葉敬愛高校2年生の小手川結翔さんと書いてありました。

 

その後、何らかの事情によって第一学院高等学校に編入されたようです。
現在は第一学院高等学校に通学されているとのことで、学校の公式Twitterでも小手川結翔さんのことを紹介されています。

 

第一学院高等学校には通信制コースがあるので、もしかしたら小手川結翔さんは通信の高校に転校されたのかもしれませんね。

 小手川結翔の進学先は

小手川結翔さんは、2022年3月に高校卒業予定とみられています。
今年3月で高校卒業される小手川結翔さんの進学先について調べてみましたが、現在のところまだ公表されていませんでした。

 

大学にはいかずそのままプロとして活躍するのでしょうか。
それとも大学生として勉学に励みながらブレイキンに励むのでしょうか。

 

小手川結翔さんの高校卒業後の進路について、分かり次第追記していきます。
なお現在Dリーグでプロのブレイキン選手として活躍している小手川結翔さん。
年収についても公表されていませんが、300万円ほどではないかと予想されます。

 

世界トッププレイヤーで、レジェンドといわれるISSEIさんの年収は数千万と言われています。
Dリーグの優勝賞金は3000万円など、様々な大会での優勝賞金があります。
またイベントでのパフォーマンスもスポンサー料金も収入として考えられ、パリオリンピックに向けてブレイキン人気が高まれば収入も高くなりそうです。

 

 

すでにプロの選手として活躍している小手川結翔さんですから、高校卒業後はブレイキン一本で活躍されていくのでしょうか。

小手川結翔の経歴プロフィール

小手川結翔さんは母親がダンスをしていたことがきっかけで、小学校入学前からヒップホップにダンスに親しんでいたとのこと。
小学生3年生の時からブレイクダンスを始めました。

 

千葉市にあるブレイクダンススクール「PICK ACTION」で、数々の大会に参加。
小学生のころから注目ダンサーとなり、17歳の最年少でDリーグの選手になりました。

 

Dリーグでは、ブレイクダンス界のレジェントISSEIさん率いるKOSÉ 8ROCKS(コーセーエイトロックス)に所属。
男性顔負けの軽やかな回転技パワームーブと、どんな難しい技でもこなしてしまうスキルが魅力です。

 

小手川結翔さんのプロフィールをまとめました。

名前:小手川結翔(こてがわゆいか)
生年月日:2003年4月5日
出身地:千葉県
身長:150cm
体重:46kg

 

小手川結翔さんの成績もすばらしいです。

2019年 Battle of the yera B-Girl部門準優勝
2020年 「全日本ブレイキン選手権」ユース部門優勝
2022年 「全日本ブレイキン選手権」ユース部門準優勝

JDSFブレイキンブロック選手権 関東甲信越ブロック本戦トーナメント-ユースBgirl

この調子でパリオリンピックも目指せそうですね。

まとめ

今回の記事では

 

コメント