ニュース・事件

前橋市9歳と7歳の男児2人死亡「母親の無理心中か」未遂事件を繰り返してた

maebashiニュース・事件

10日午後3時15分ごろ、前橋市富士見町小暮の住宅で、親子3人が血を流して倒れているのを同居する30歳男性が発見。3人は病院に搬送されましたが、9歳と7歳の男児2人は死亡を確認されました。血の付いた刃物は自宅内で見つかり、30代の母親は重傷です。

 

前橋市9歳と7歳の男児2人死亡、母親の無理心中の可能性について深掘りします。

 

前橋市9歳と7歳の男児2人死亡の経緯

殺害現場は、群馬県前橋市富士見町小暮の住宅。同居する男性が帰宅し、親子3人が倒れているのを発見しました。

 

すぐに救急搬送されましたが、男児2人は死亡を確認されました。30代母親は傷が深いものの命に別状はないとのこと。

 

凶器とみられる血の付いた刃物は、自宅内から発見。警察は母親による無理心中の可能性があるとして、捜査を進めています。

 

前橋市9歳と7歳の男児2人死亡の住宅地

男児2人と母親が刺されていた住宅地を特定。

群馬県前橋市富士見町小暮

maebashi

周りは畑に囲まれたのどかな住宅地。近所の人の話によると「一家は一年ほど前に引っ越してきましたよ。子供たちは元気でかわいいし、何か問題のあるような家族には見えませんでした。」とのこと。

 

9歳のお兄ちゃんは礼儀正しくて弟思い。仲良く二人で学校に登下校する姿が目撃されていました。

 

前橋市9歳と7歳の男児2人死亡「犯人は逃走中」

群馬県前橋市富士見町小暮の住宅で殺人未遂事件が報道された当初は、刃物をもった犯人は逃走中との情報が流れました。

 

maebashi

めっちゃ近所汗マーク
【殺人未遂事件】前橋市富士見町の住宅地で事件 30代女性 9歳男の子 7歳男の子の親子が刺される 犯人逃走中?

 

しかしこの情報はデマ。近所の人に「犯人逃走中です」と注意喚起がないため、すでに犯人は事情聴取を受けているのでしょう。

 

犯人は母親か、第一発見者の男性か

その後の続報により、凶器とみられる血の付いた刃物は自宅内から見つかったとのこと。母親による親子3人の自殺未遂か、第一発見者の男性か。

 

第一発見者の男性は同居人とのこと。父親という表現ではなく、同居人の男。平日の午後3時に帰宅できるという境遇に、いくつか怪しい点がありそうです。

 

しかし一番怪しいと思われているのが、重傷を負っている母親。兄弟2人はそれぞれ腹に複数の刺し傷があり、近くには血の付いた刃物が1本落ちていたとのこと。

 

男児への複数の刺し傷は、強い怨恨が疑われます。母親は何度か未遂事件を起こしながらも死にきれず、錯乱状態となって我が子に手をかけたのでしょう。

 

前橋市富士見町「過去にも殺人事件」

前橋市富士見町では、過去にも殺人死体遺棄事件がありました。2015年、行方不明男性を前橋市富士見町に死体を埋めたと知人男ら供述。

 

死体遺棄されていたのは、青森県などで会社を経営していた茨城県内の 60代の不動産関連会社社長の小沢道明さん(64)。2013年末から行方不明となっていたとのこと。

 

別の事件で逮捕されている男ら3人が、群馬県前橋市富士見町の住宅街に遺体を埋めたとの供述。小沢道明さんの銀行から2億円が引き出されていました。

 

小沢道明さんの遺体が見つかった前橋市富士見町の住宅街はJR前橋駅から約9キロ。逮捕された男ら1人住宅がかつてありました。

 

>>秋篠宮さま「ついに二人の結婚を認めた」

>>眞子さま「10億円の結婚生活」

コメント