秋篠宮家

眞子さま「事実婚でも構いません」涙の宣言の裏には佳子さまとの大喧嘩

makosama秋篠宮家

文/編集部

運命の日まであと4ヵ月

眞子さまが30歳を迎える誕生日まであと4ヵ月。3年間延期されてた結婚問題が、いよいよ動き出しています。

 

2020年11月、秋篠宮さまはご自身の誕生日会見で「延期の期限となる2月までに、結婚の今後見通しについて何らかの発表するように。」と眞子さまを促しました。2021年4月に小室圭さんが元婚約者との金銭トラブルに関する文書を公表したものの、その他は音沙汰なしの状態です。

 

秋篠宮さまと紀子さまは、眞子さまの“自主性”を重んじています。秋篠宮さまは会見のたびに「眞子さまとは結婚について会話がない」と述べてきましたが、会話がないのは紀子さまも同じ。

 

皇室ジャーナリストによると「秋篠宮さまの言葉と対応は、多くの国民にとって“責任放棄”と感じられています。国民の祝福と理解が得られない限り納采の儀はできないと仰っていますが、眞子さまと小室圭さんには全く動きがありません。」とのこと。

 

眞子さまの「結婚の意思」は変わらず、30歳のお誕生日までの入籍を決意されています。運命の日間であと4ヵ月。眞子さまと小室圭さんからサプライズ発表があるともいわれています。

眞子さまと佳子さまが大喧嘩

kakosama

秋篠宮ご夫妻は、眞子さまと小室圭さんの結婚に反対という姿勢だというのは、皇室ファンなら周知の事実。秋篠宮ご夫妻が沈黙をもって二人の対抗していますが、反対に眞子さまの結婚を後押ししているのが佳子さまです。

 

ICU卒業の折には「眞子さま個人の希望が叶うこと」という文書を発表しました。当初は結婚を応援してきた佳子さまですが、国民に説明責任を一向に果たそうとしない小室家の態度に怒り爆発。

 

現在の状況を打破しようとしない眞子さまの態度に、佳子さまは嫌気がさして、日々の喧嘩が始まります。佳子さまは「眞子がしっかりしないから小室家にナメられてるんじゃないの?眞子のせいで秋篠宮家が悪く言われてウンザリよ!」と強い剣幕で迫ります。

 

これに対して眞子さまは「圭くんも佳代さんも悪くないの。元婚約者の●●●さんが、有ること無いこと週刊誌に売り込んだだけなの…」と反論。

 

しかし佳子さまは「ちゃんとそれを国民に説明しなきゃダメなんじゃないの?小室さんは行方不明で説明しない、眞子もダンマリ。この状況で結婚するとか言って、二人でバカ丸出しでしょ。」と返します。

 

佳子さまの仰ることは正論なので、ついに眞子さまも黙り込んでしまったとのこと。

 

眞子さま「事実婚でも構いません」

kikosama

二人の喧嘩を聞きつけて駆けつけてきた紀子さま。佳子さまは「眞子と小室さんがこのままだと結婚できないけど、どうするつもりなの?」と詰め寄ります。

 

眞子さまは「正式に入籍できないのなら、事実婚でも構わない」と発言。「籍を入れずに事実婚という形でもいいし、圭さんも子供ができた場合はシングルマザーの方が学費免除で支援金が多くでるよと言っているの。」と言い出します。

 

最近は偽装結婚をして児童手当をもらう人が多いので、その手法を見逃さない小室さんは流石です。
紀子さまは「信じられない」とこらえていた涙があふれだします。「内親王が未婚のシングルマザーなんて・・・小室にさえ出会わなければ・・・」と繰り返し、職員に抱えられながら部屋を出ていきました。

 

【追記】菊の紋ニュースにコピペされました

kikunomon

また菊の紋ニュースにコピペされました。オリジナルサイトはこちらなのに困ってます。

 

コメント