オリンピックパラリンピック

水谷隼のメガネのブランドは?どこで買える?メガネをかける理由はレーシック

mizutanijunオリンピックパラリンピック

東京2020オリンピック男女混合ダブルスで、見事金メダルを獲得した水谷隼選手。水谷隼選手が独特なデザインをしたメガネをかけているのが気になります。

 

メガネのブランドと、どこで買えるのか購入できる店舗と価格、通販サイトについても調査しました。

>>水谷隼の虹色ネックレスはどこで買える?

水谷隼のメガネのブランドは?

mizutanijun

パッと一目見ると、メガネが上下逆に見えるメガネ。このメガネは、山本光学のSWANSと言うアスリート向けのメガネでした。

 

「SWANS」のイーノックスニューロンというモデル。一眼レンズなので視界の広さは良好で、多くのアスリートが使用しています。テンプル(アームの部分)が逆さまに付いて低重心なので、激しく動いてもズレに強いとのこと。

 

陸上選手には愛用者の多いですが、サングラスをかけて卓球をする選手は少ないので目立ちます。水谷選手と伊藤選手の応援に交じって、「水谷のメガネ買うわ」の声もたくさん見つかりました。

水谷隼のメガネはどこで買える?

swans

全国にあるSWANSの店舗で購入できます。実店舗でも購入できますし、SWANSオンラインショップからも購入可能。またSWANS楽天店やSWANSヤフー店もあるので、全国どこからでも水谷隼のメガネを購入できます。

 

しかし今はオリンピック関連の商品は遅延しているとのこと。欲しい商品が見つかったら、早めに注文しておくのがおすすめです。

■送料無料■【SWANS】スワンズ ENN20 【水谷隼選手着用サングラス】E-NOX NEURON20’ 「つける」から「まとう」へ。走りと、ひとつになる。細胞レベルのフィット感。【RCP】

水谷隼がメガネをかける理由は?

mizutanijun

「よくないですね……。今も視界の全体がぼやけてて、車のヘッドライトに照らされてパッと見えなくなる、あれがずっと続いてる感じですね。ぼやけているというか霞んでいる感じです」
引用:卓球レポート

水谷隼がメガネをかける理由は、レーシック手術の後遺症が原因でした。レーシックで目に光が入り過ぎて「まぶしすぎてボールが見えない」など、競技に支障がでるとのこと。

 

卓球の試合では卓球台が明るく照らされているため、ボールが見えにくくなる症状に悩まされていました。水谷隼が後遺症に悩み、試行錯誤してメガネをかけ始めたのは2018年ごろ。

 

一度は引退を考えた水谷選手でしたが、オリンピックのためにとにかく前進。自らコンディションを整えて、男女混合ペアの伊藤美誠選手を支えて金メダルを勝ち取りました。

 

水谷隼のSWANSメガネは、メガネの上からかけられるオーバーガラス。暗いところでも見やすいから、運転用サングラスに購入する人も多いです。

 

>>水谷隼の虹色ネックレスはどこで買える?

コメント