ニュース・事件

西田彩と船橋誠二のインスタ顔画像「近所では要注意人物だった」

nishidaayaInstagram ニュース・事件

2021年9月、当時5歳の娘を虐待したとして、母親の西田彩と交際相手・船橋誠二が逮捕されました。
しかし西田彩容疑者は虐待の容疑を否認。
交際相手の船橋誠二容疑者は、虐待の容疑を認めてます。

 

虐待の様子はひどく、鍋の中に長時間立たせていたとのこと。
全裸で扇風機の風邪を当て続け、真愛ちゃんは泣き続けていたそうです。

 

西田彩容疑者と船橋誠二容疑者はどのような人物なのでしょうか。
この記事では、西田彩と船橋誠二のインスタ顔画像と、近所では要注意人物だった真実に迫ります。

西田彩容疑者のインスタ顔画像

西田彩容疑者の顔画像はまだ公表されていません。
どのような顔画像なのでしょうか。

nishidaayaInstagram

 

Instagramで西田彩容疑者のアカウントを調べてみました。
「西田彩」のインスタアカウントは2件。

 

nishidaayaInstagram

1つのインスタアカウントは投稿0件で、西田彩容疑者のものと断定するのは難しいです。
本名で登録していない可能性もあるので、引き続き特定作業を続けています。

 

船橋誠二容疑者のインスタ顔画像

船橋誠二容疑者の顔画像も公表されていないので、インスタグラムで探してみます。
Instagramに「船橋誠二」の名前を入れると、1件該当。

 

funabashiseijiInstagram

 

しかしインスタには何も投稿されていませんでした。

funabashiseijiInstagram
新しい情報がわかり次第、船橋誠二容疑者の顔画像について更新していきます。

 

西田彩と船橋誠二「近所では要注意人物だった」

西田彩容疑者と船橋誠二容疑者は、近所では要注意人物だったとのこと。
子供が泣いているはいつものことで、ずっとせっかんを続けていました。

 

近所の人は西田彩容疑者らの虐待に気付いていて、子供を守るための事務所に電話するなど
対応していたといいます。
しかし虐待はやまず、真愛ちゃんが亡くなるまで続きます。

 

船橋誠二容疑者で「やっと楽しいミッションがやってきた。きょうも楽しい時間が始まる」と虐待を楽しんでいた様子。
警察の取り調べによると、2021年9月10日から真愛ちゃんが亡くなる1月12日まで暴力は続いていました。

 

西田彩は他にも10代の子供がいた

西田彩容疑者は現在34歳ですが、真愛ちゃん以外にも10代の子供がいたとのこと。
警察は、他の子供にも虐待があったかを調べているそうです。

 

もし真愛ちゃんだけが虐待をうけていたとしら、一人だけ父親が違うなどの理由があったのでしょうか。
それとも真愛ちゃんは、内縁関係にある船橋誠二容疑者の子供なのでしょうか。

 

西田彩容疑者は無職とのこと。
船橋誠二容疑者とは名字が違い、公表された住所も別。
西田彩容疑者と子供たちは生活保護を受けていた可能性もあります。

nishidaaya

西田彩容疑者の住所と船橋誠二容疑者の住所は車で20分の距離。
近所の人の「子供の泣き声が続いていた」という情報から、2人は一緒に暮らしていたと考えるのが妥当のようです。

真愛ちゃんを救えなかった警察と児童相談所

真愛ちゃんは立ったまま扇風機をあてられるなど、非道な虐待の数々。
船橋誠二容疑者に頭をつかまれるなどしていたため、真愛ちゃんの死因は脳死でした。
児童相談所は今回の虐待事件について、次のように話しています。

 

「行政機関が関わりながら、こうした事件が発生したことは大変残念で重く受け止めている。今後は外部有識者による審議会で改善すべき点を検証していく」

 

実際には2019年3月から、虐待に関する通報があったとのこと。
しかし岡山市が真愛ちゃんを一時保護したのはわずか14日間のみ。
近所からの通報は多数あったのにもかかわらず、児童相談所は真愛ちゃんを救えませんでした。

 

真愛ちゃん虐待の経緯
2019年3月 児相に西田疑者の養育に関する通告
2019年4月 児相に船橋容疑者の暴力に関する通行
2019年6月 真愛ちゃん迷子。警察は育児放棄の疑いを児相に通告
2020年9月 船橋容疑者の暴力で、真愛ちゃんを保護
2020年10月 児相が真愛ちゃんを西田容疑者に引き渡す
2021年9月25日 西田容疑者が119番、真愛ちゃんが病院に搬送
2021年9月26日 病院が児相に通告
2021年9月25日 児相が警察に連絡。児相が真愛ちゃんを一時保護
2022年1月12日 脳死状態だった真愛ちゃんが脂肪

 

この経緯をみると、ずいぶんと長い間、真愛ちゃんが虐待されていたことがわかります。
何度も児相に連絡があったのにもかかわらず、今回も真愛ちゃんの命を守れなかったのが
残念でなりません。

 

【追記】西田彩のFacebook特定か

ネット特定により、西田彩容疑者のものとみられるFacebookが指摘されています。
西田彩容疑者は真愛ちゃんの他にも、子供が数人。

 

  • Facebookに多数の子供の顔が投稿
  • 子供の一人がmao(真愛ちゃん?)

西田彩容疑者とFacebookにはいくつかの共通点があるため、ネット特定班が「西田彩容疑者のフェイスブックアカウントではないか」と話題にあがっています。

 

新しい情報がわかり次第、追記します。

 

コメント