岡庭由征

岡庭由征[よしゆき]のツイッター顔画像「10年前にも傷害事件を起こしたサイコパス」

okaniwayosiyuki岡庭由征

2019年に茨城県境町の民家で、小林光則さん(当時48)と妻の美和さん(当時50)が殺害。未解決事件と思われた捜査には懸賞金100万円を設けられていましたが、事件発生から1年8ヵ月で岡庭由征逮捕の急展開となりました。

 

岡庭よしゆきのツイッターと整形疑惑の顔画像、10年前にも傷害事件で逮捕されたサイコパスという噂について深掘りします。

>>岡庭由征の生い立ち「父親も息子もおかしい」

>>小室佳代さん「激やせ」で精神崩壊

>>小室佳代さん「美智子さま、圭をお助け下さい」

>>小室圭さん「俺は皇族よ?辞めるわ」

岡庭由征のツイッター特定

岡庭由征の年齢は現在26歳。ツイッターなどのSNSを利用しているのでしょうか。ツイッターで「岡庭由征」のアカウントを検索してみました。

okaniwayosiyuki-Twitter

岡庭由征の名前ではツイッターを利用していないようです。引き続き「yoshiyuki okaniwa」でもTwitterアカウントを調べてみました。

okaniwayosiyuki-Twitter

残念ながらこちらも該当Twitterアカウントは0件。他の名前を使って、SNSを利用している可能性があります。引き続き、岡庭由征ツイッターを特定すべく、調査を続けていきます。

【追記】岡庭吾義土のツイッター

現在の名前は「岡庭由征」ですが、なんと改名前の名前は「岡庭吾義土」とわかりました。さっそく「岡庭吾義土」の名前でもツイッターアカウントを調べてみました。

 

okaniwayosiyuki-Twitter

 

「岡庭吾義土」で検索しましたが、該当するツイッターアカウントはなし。珍しい名前なので「吾義土」だけでも調べてみました。

 

okaniwayosiyuki-Twitter

しかし「吾義土」でもツイッターアカウントが見つかりませんでした。やはり岡庭吾義土時代には連続通り魔事件を起こした経歴があるので、改名とともに過去を削除したいのかもしれません。

 

近所の人は「岡庭吾義土という名前は珍しいのでよく覚えています。逆に岡庭由征に名前が変わっていたことは全く知りませんでした。」と話してくれました。岡庭家では、こっそりと岡庭吾義土時代のことを封印していたのでした。

岡庭由征のイケメン顔画像

岡庭由征の顔画像がイケメンに変わったことからツイッター上では「整形疑惑」が持ち上がっています。

これって同一人物?
おそらく整形してイケメンになったのに死刑だね。
岡庭由征容疑者。

わずか半年前なのに、フェイスラインがすっきりして目元もイケメン風に変身しています。整形前と思われる顔写真がもっさり下膨れの顔だったので、違いが一目瞭然です。目と鼻を整形していると言われています。

okaniwayosiyuki-kao

 

一昨年茨城県境町の住宅で夫婦が殺害され長男と次女も重軽傷を負った事件で今回逮捕された埼玉県三郷市の無職、岡庭由征容疑者(26)殺人を侵しておきながら反省する所かこの1年の間に顔の整形をしていてもはや人の道から外れている

テレビでは岡庭由征が高校生だったときの傷害事件については報道されていません。なので岡庭由征のイケメン整形に持ち切りという感じ。しかし今後、酒鬼薔聖斗を思い出させるサイコパスっぷりを知れば、ホスト風に整形した情報なんて吹っ飛びそうです。

okaniwayosiyuki-kaosyashin

こちらのツイッターによると、岡庭由征に改名する前は岡庭吾義土とのこと。岡庭あぎとと読むのでしょうか?犯罪者あるあるで、安定のキラキラネームです。

okaniwayoshiyuki

 

okaniwayoshiyuki

「おれ、かっこいいいだろ?」と言いそうな目つき。そして、中学生時代の岡庭よしまさの顔画像はこちらです。

okaniwayosiyuki-kaogazou

岡庭由征「10年前にも傷害事件のサイコパス」

岡庭由征容疑者は26歳で、埼玉県三郷市に住む無職の男性です。岡庭よしゆきはすでに12月にさいたま地検が消防法違反の罪で起訴。今年2月には警察手帳の記章を偽造した疑いで茨城県警が逮捕していました。

 

近所の人の話によると、岡庭しんじ容疑者は佳子にも殺人未遂で逮捕されたことのある人物。子供のころから虫や猫を殺すような子供であったとのこと。また岡庭由征が高校生のときには、2件の傷害事件を起こしていました。

 

 •幼少期には猫殺害。
•高校2年の時には、女子高生の顎を刺す。
•同じ時期に女児の脇腹を刺して殺人未遂で逮捕。
•2020年硫黄45kg所持の容疑で逮捕。
•2021年5月、茨城一家殺傷事件の容疑者として逮捕される。
10年に1度くらい現れる純度100%のサイコパス。

 

逮捕のきっかけになったのは、近所住民から「ナイフを持ち歩いている少年がいる」との通報。警察官が行動を確認したところ、なたと折りたたみナイフを持っていたため銃刀法違反で現行犯逮捕。取り調べ中に三郷市と松戸市の通り魔事件を認めたため、殺人容疑に切り替えて捜査が始まりました。

 

2013年2月19日から開かれた公判では、検察側は刑事処分が相当として懲役5年以上10年以下の不定期刑を求刑。岡庭由征に対して精神鑑定が行われ、広汎性発達障害と診断されました。精神鑑定の結果をうけて、医療少年院での矯正教育による改善が適当であるとしました。

 

岡庭由征の生い立ち

岡庭由征は地元の三郷市では有名な人物。岡庭家一家も地元の名士として、知られる家族でした。岡庭由征は岡庭家の長男として生まれ、両親と弟の4人暮らし。

okaniwayosiyuki-sns

無職の岡庭由征逮捕か
10年前にも傷害事件犯してるサイコパスで親は地元の名士
なんか情報ある?

 

小学校の時の同級生によると「みんなが公園で遊んでいるとき、岡庭は虫とかをよく殺していた。うわさだけど、猫を殺しているところを見たという人もいた。」とのこと。また元の名前は「由征よしゆき」ではなく、2013年の殺傷事件の裁判後に改名しています。

 

【追記】岡庭由征「茨城境町一家殺傷事件」の概要

2019年9月23日午前0時40分ごろ、茨城県坂井町の住宅で会社員の小林光則さん(当時48歳)と妻の美和さん(同50歳)が殺害されました。2階の子供部屋で寝ていた長男も刃物で刺されて重傷、13歳の次女は催涙スプレーを噴射されて軽傷を負いました。1階の自室にいた22歳長女は無事でした。

 

ibaragisatsujin

 

茨城境町一家殺傷事件の現場は、木々に囲まれた一軒家。家の周りは畑と水路で囲まれており、一番近い隣家までは約200メートルと離れています。

 

小林家は周辺の住宅から孤立した場所にありましたが、家の前には町営釣り堀。シーズンの週末は100人も集まるほどの人気スポットで、ヘラブナ師たちには有名な釣り堀でした。

 

警察は100人体制で捜査本部を設置し「夫婦を知る人物」「怨恨目的の犯行」とみて捜査していました。小林光則さんは肺まで達する深い刺し傷、妻の美和さんは首の切り傷が致命傷になったとみられています。

kobayashimitunori

kobayashimiwa

 

しかし近所の人の話によると、小林さん夫婦の仲は良く、ストーカー被害などものなかったとのこと。殺害に使われた凶器などは見つからず約230件の情報が寄せられましたが、犯人につながるものは見つけられずにいました。

 

【追記】岡庭由征は改名「本名は岡庭吾義土」

2011年、当時高校2年生だった岡庭由征は、三郷市と松戸市でそれぞれ少女を襲う事件を起こしました。この連続通り魔事件を起こしたときは、本名の岡庭吾義土[岡庭あぎと]。岡庭吾義土は逮捕、精神鑑定の後、医療少年院への送致となりました。

 

この事件の後、岡庭吾義土の名前は「岡庭由征」に改名。

 

近所の人のによると「岡庭由征に名前が変わったことは、ニュースを見て初めて知りました。連続通り魔事件の後はほとんど見かけませんからね。事件後もあの家に住むためには、岡庭由征に名前を変えた方がよかったんですかね。」と話してくれました。

 

>>岡庭由征の生い立ち「父親も息子もおかしい」

>>小室佳代さん「激やせ」で精神崩壊

>>小室佳代さん「美智子さま、圭をお助け下さい」

>>小室圭さん「俺は皇族よ?辞めるわ」

コメント

  1. 消せ より:

    不謹慎だけせ