エンタメ

佐々木希に離婚歴がNGな理由とは?絶対に離婚しない3つの覚悟

sasakinozomiエンタメ

2月5日、アンジャッシュ渡部建が芸能活動再開することを発表しました。
先日千葉テレビが『白黒アンジャッシュ』の出演を否定したばかり。
しかし今回の芸能界復帰は事務所の人力舎が発表したので、いよいよ本格的に渡部建は芸能界に
復帰するようです。

 

渡部建さんの多目的トイレ問題は忘れられず、多くの女性にとっては嫌悪感の残る行為。
なぜ妻の佐々木希さんはいつまで離婚しないのか、不思議に思えてなりません。
佐々木希さんには離婚歴NGの理由があるのでしょうか。

 

今回の記事では佐々木希さんに離婚歴がNGな理由とは?絶対に離婚しない3つの覚悟について深掘りしました。

 

佐々木希に離婚歴がNGな理由

世界が認める美しい佐々木希さんなのに、なぜ渡部建さんと離婚しないのでしょうか。
離婚歴NGな理由があるのかと、勘繰ってしまいます。

 

佐々木希さんが離婚しないのは、離婚歴NGということが理由ではないようです。
佐々木さん自身の覚悟の上、離婚歴は作らないと決めていると考えられます。

 

佐々木希さんは『世界で最も美しい顔100人』ランキングに選ばれるほどの美貌の持ち主。
2010年は33位、2011年は71位、2012年は25位にランキングされるほど、世界が認める美しい日本人女性です。

 

離婚歴が1つや2つあっても驚かない美貌ですが、それほど渡部建さんのことを愛しているのでしょうか。
佐々木希さんが離婚しない覚悟を勝手に想像してみました。

佐々木希が離婚しない3つの覚悟

SNS上には、佐々木さんは早く離婚した方がいいという声がたくさんあります。
その一方で、佐々木希さんがこの先も絶対に離婚しないだろうと予想している人もいます。

 

なぜ佐々木希さんは夫である渡部建さんを捨てず、離婚しないと思っているのでしょうか。
3つの理由を挙げてみました。

 

佐々木希に家族を守る覚悟がある

佐々木希さんには、家族を守る覚悟があるので離婚しないという意見。
佐々木さんと渡部建さんの間には子供が一人。

 

子供との生活を守るため、家族を守るために離婚しないことを選らんだのかもしれません。
令和だと離婚しない理由にイマイチしっくりきませんが「自分の母もそうだった」という共感の意見は少なくありません。

「家族と共に前を向いて生活する」
顔が美しいのは間違いないですが、佐々木さんの内面でも好きになる人は多いです。
佐々木希さんの苦しくても貫き通す芯の強さがカッコ良くも見えます。

 

佐々木希はすでに渡部建を許している

本当の意味で許してるかはわかりませんが、すでに何らかの形で渡部建さんを許しているという意見。
渡部さんを許しているからこそ離婚してないですし、1年以上も一緒に生活しています。

 

渡部建さんのした行為を許すとかではなく、佐々木さんはそもそも離婚を考えてないのかもしれません。
離婚しないと決めているから、前向きの一歩しか出てこないのでしょう。

 

タレントのヒロミさんも「ママ(松本伊代さん)とは離婚しない」という前提のもと、いかに楽しく結婚生活を送れるか考えているといいいます。
ヒロミさん松本伊代さん夫婦を例に考えると「過ちも受け入れる」という考え方も納得できます。

 

渡部建さん相手だと、若干モヤモヤしますが。

 

佐々木希は意地で離婚しない

離婚して渡部建さんが自由になられるのはそれでムカつくから、意地で離婚しないという意見。
今までの聖人のような佐々木希さん像とは真逆の意見になりますが、この意見にも納得できます。

 

離婚しないで、ずっと奴隷のように人生を過ごさせるのが一番の罰な気もします。
離婚してシングルマザーとして生活するのは大変なこと。

 

佐々木希さんは経済力があると思いますが、実家は秋田県秋田市。
近くに頼れる人がいない中、女一人で子育てするのは大変だと思います。

 

佐々木希さんは意地で離婚しないというのは、なんとなく納得できる意見です。

 

まとめ

この記事では、佐々木希さんが離婚歴NGな理由について勝手に考えてみました。

 

  • 佐々木希に家族を守る覚悟がある
  • 佐々木希はすでに渡部建を許している
  • 佐々木希は意地で離婚しない

佐々木希さんの本当の気持ちはわかりませんが、色々考えてみるほど離婚という選択肢は選ばない気がします。
佐々木希さんに離婚歴があっても、絶対に誰も何も言わない状況。

 

それでも佐々木さんが離婚しないのは、人間として器が大きいのかもしれません。
今回の渡部建さんの芸能界復帰も、佐々木さんの後押しがあったでしょうか。

 

今後も佐々木希さんの動向から目が離せません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント