ニュース・事件

田辺晋太郎ツイッター炎上「挑発ツイートは確信犯だった」ヤマサ醤油は売り上げ激減か

tanabeshintarouニュース・事件

オリンピック開会式作曲担当の小山田圭吾が、19日に辞任を発表しました。小山田の辞任を知った田辺晋太郎が、自身ツイッターに挑発する発言をツイート。そのツイートが炎上したため、すぐに削除し、現在はTwitterアカウント事態も閉鎖しています。

 

田辺晋太郎ツイッター炎上「挑発ツイートは確信犯だった」ヤマサ醤油は売り上げに影響があるのか深堀しました。

 

>>【閲覧注意】小山田圭吾いじめインタビュー全文

>>小山田圭吾いじめ報道「海外の反応は深刻」

>>絵本作家のぶみ「池袋連合のブチギレ総長時代」

田辺晋太郎ツイッター炎上「正義を振りかざす皆さん」

田辺晋太郎は、小山田圭吾のいとこにあたり、音楽プロデューサーかつ肉マイスターとして知られています。田辺晋太郎の炎上したTwitterないよはこちら。

tanabeshintarou-Twitter

はーい、正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました、良かったですねー!

 

「正義を振りかざす皆さん」とは、小山田圭吾に意見を述べる人たちのこと。小山圭吾の辞任を求めるオンライン署名活動がスタートしていた中、賛同する人達を皮肉るツイート内容となっています。

 

このツイッターは炎上したため、田辺晋太郎はすぐにツイート削除。そして「先程は辞任の速報を受け、取り乱して不適切な投稿をしてしまいました。ご不快な思いをされた方に対し謹んでお詫びすると共に猛省しております。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪しました。

 

田辺晋太郎「挑発ツイートは確信犯だった」

tanabeshintarou-Twitter

「はーい、正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました、良かったですねー!」とツイートしたときは、プロフィールに「ヤマサ肉鍋つゆシリーズ」の文言が入っていました。

 

ところがこのツイッターが炎上すると、直ちに「ヤマサ」の部分を削除。自分がかかわった商品名と企業名をすぐに削除したものの、ツイッターは残して世間の反応を見続けていました。

 

tanabeshintarou-Twitter

小山田圭吾を叩く人々を怒らせることが目的だった確信犯!?「正義を振りかざす皆さん」のツイートはしばらく放置でしたが、ヤマサの部分だけはいち早く消していました。

 

田辺晋太郎の謝罪文を読み返すと、謝っている理由が「ご不快な思いをさせて」とのこと。自分の本音を語ったツイッターだけど、嫌な思いをさせてしまったのならすみません。という意味なのでしょう。

 田辺晋太郎ツイッター「過去にも小山田圭吾を100%擁護」

今回注目されたのが「正義を振りかざす皆さん」ツイッターでしたが、今までにも小山田圭吾を100%擁護Twitterを投稿。過去の田辺晋太郎ツイッターを探した方がいました。

田辺晋太郎の過去の投稿が見てみると、上級国民思想があるようです。

 

小山田圭吾を擁護したのは身内だからというよりは、自分たちは選ばれた一族と思っているんでしょ。選民思想・上級国民意識があって、歯向かってくる一般市民が許せないのでは。

 

一般の人々が道徳に基づいて抗議する様子が、自分たち上流層に逆らうように見えたんでしょう。小山田圭吾や田辺晋太郎のファミリー自体が、障がい者に対して偏見あるんじゃない。

 

田辺晋太郎は父親と一緒に、安倍元総理が開催した桜を見る会に参加。情報が多すぎて、色々と勘ぐる人は多いです。

 

ヤマサ醤油は売り上げ激減か

田辺晋太郎がヤマサ商品をプロデュースしていたため、もうヤマサ商品を買いたくないと漏らす人もいます。ヤマサに抗議電話をした人もいるとのこと。

いくらなんでも酷すぎない。慌ててアカウント削除して逃げてる。ヤマサ商品もう買いたくても買えない。

田辺晋太郎、小山田圭吾の親戚。そうかヤマサさん‥。申し訳ないけど無理、無理な物は無理

 

ヤマサ製品は買わない。

 

思っていたよりも「田辺晋太郎の件で、ヤマサを使う気になれない」というTwitterを見かけます。もちろんヤマサに罪はなく、そのことを訴えかけるツイッターもあります。

小山田圭吾からの田辺晋太郎で、とばっちりうけてるヤマサ。自分、ヤマサ醤油のユーザーだから、ヤマサにはこの人たちに、下手に擁護とかしてほしくないと思ってる。ヤマサの醤油は余計な添加物入ってない上、リーズナブルだから、これからも愛用したいのよ。

ヤマサがどのような対応をするのか、気になるところです。

【追記】ヤマサからのお知らせ

田辺晋太郎は、肉マイスターとしてヤマサ商品「ヤマサ匠鍋つゆシリーズ」を監修していました。現在、田辺晋太郎監修の商品ページは削除されています。

tanabeshintarouyamasa

ヤマサが「この度の田辺晋太郎氏のSNS上の発言について」という記事を公表。

  • 田辺晋太郎の写真がまだ残っていたことのお詫び
  • 田辺晋太郎監修の商品は終わっていること
  • 今後も公正公平を心がけ、勤めていくこと

について述べられていました。

yamasa

 

この度の田辺晋太郎氏のSNS上の発言について
この度、「肉鍋つゆ」シリーズの監修を受けた、肉マイスターの田辺晋太郎氏のSNS上での発言について、弊社にも多数のご意見を頂戴しております。
田辺晋太郎氏との契約は、本年6月30日に終了しており、これらの商品はすでに終売しております。
今期は、7月15日に発表させていただいた通り、新商品「うま肉鍋つゆ」シリーズを発売いたします。こちらの新商品につきましては田辺晋太郎氏の監修は受けておりません。
現在、弊社のホームページでは、旧商品と新商品の入れ替え作業中で、田辺晋太郎氏の登場するコンテンツが一部残っておりました。ご不快な思いやご懸念を抱かせてしまったことにお詫び申し上げます。
弊社は「公正・公平であること」を企業行動規範に掲げており、あらゆる差別やいじめ、虐待などの人権侵害について、これを容認するものではありません。
すでに田辺晋太郎監修の商品が終わっていたということ。なので、ヤマサが気の毒な事件となりました。

>>【閲覧注意】小山田圭吾いじめインタビュー全文

>>小山田圭吾いじめ報道「海外の反応は深刻」

>>絵本作家のぶみ「池袋連合のブチギレ総長時代」

コメント