丹波市殺人事件

兵庫県丹波市で死亡していたのは13歳成績優秀の少女「いじめが原因で不登校だった」

tanbashi丹波市殺人事件

6日午前3時すぎ、兵庫県丹波市氷上町新郷の林道で、少女の遺体が見つかりました。亡くなっていたのは、兵庫県在住の中学2年生(13歳)とみられています。中学2年生の少女は5日に、家族から捜索届が出されていました。

 

兵庫県丹波市で死亡していたのは13歳成績優秀の少女「勉強がプレッシャーだった」という噂にせまります。

>>西田裕一のツイッターと顔画像を特定

兵庫県丹波市で死亡していた中学2年生

兵庫県丹波市で死亡していたのは中学2年生の少女。少女の知り合いと名乗る無職男性(23)が「死にきれなかった」とJR福知山線柏原駅前の交番に軽乗用車で出頭。警察官が不在だったため、交番内にある電話で丹波署に少女の死を伝えました。

 

捜査員が丹波市氷上町新郷の林道に行くと、あおむけに倒れている中学2年生の少女を発見しました。

 

 

兵庫県丹波市の死亡現場

兵庫県在住の中学2年生が亡くなっていたのは、丹波市氷上町新郷の林道。JR石生駅から西に5キロ以上離れた山中で亡くなっていました。

tanbashi

人気のない林の中ですが、この場所までは無職男性の軽自動車で来たものとみられます。女子中学生が死亡したのを見届けて怖気づいた男は、自分一人が車に乗り、近くの交番まで助けを呼びに戻りました。

女子中学生の死因

tanbashi

丹波市氷上町新郷で亡くなっていた中学2年生の死因は、現在確認中です。ただし外傷はなく、少女の遺体の近くに練炭の燃えカスがあったことから、心中を図った可能性があります。

 

練炭自殺の場合、死因は一酸化炭素中毒となります。しかし練炭自殺を図るときは密室空間が必要になるはず。テントを張っていたのか、それとも23歳無職男性のもつ車内で練炭を炊いたのかわからない点があります。

 

13歳少女は林道であおむけに倒れていたいというので、本当の死因が一酸化炭素中毒によるものなのか。今後の司法解剖の結果が待たれます。

丹波市氷上町で死亡した理由

13歳少女は、兵庫県丹波市氷上町新郷で自殺を図った可能性があります。一緒にいたという無職男性は、SNSを通じて少女と知り合ったと説明しています。

 

iriedai

 

以前にも入江大容疑者(33)が女子中学生と自殺を図るという事件がありました。自殺方法は、丹波市氷上町新郷と同じく練炭自殺。悲しくも、当時中学3年生の匂坂絢乃さんだけが死亡し、入江大が生き残るという結果となりました。

 

>>入江大「浜松市女子中学生を誘拐・殺害」

 

sakesakaayano

 

入江大とともに自殺を図った女子中学生は、学校でのいじめが原因でした。成績優秀で付属中学に入学して希望の生活を送っていたものの、わずか数ヵ月で不登校に。学校でのいじめが原因でストレス障害に苦しんでいました。

 

>>匂坂絢乃さん「いじめに絶望した学校生活」

 

おそらく、今回、兵庫県丹波市氷上町新郷の林道で自殺した女子中学生もいじめに悩んでいたのでしょう。長期休暇の後は子供の自殺が増える傾向にあります。もし学校に行きたくない理由があるのなら、学校を休んでも大丈夫です。

 

得たいの知れない成人男性に救いを求め、一緒に自殺を考えていけません。相手の男は、自分一人では死ぬ勇気がなく、若くてかわいい少女と最後を迎えようとする奴です。

 

今後、兵庫県在住の女子中学生を誘拐し、練炭自殺させた男の素性がわかり次第、追記します。

 

【追記】西田裕一を逮捕

13歳の女子中学生の死体を遺棄したい疑いで、通報者の西田裕一を逮捕しました。西田裕一は容疑を認めているとのこと。

 

「インターネット交流サイト(SNS)で知り合い、2人で自殺しようと車の中で練炭をたいたが、死にきれなかった」

 

23歳の男が、10歳年下の女の子と一緒に死にたいという愚かさ。この手の事件では、男の方が生き残る可能性が高いので全面的には信じられません。

 

はたして、西田裕一は本気で自殺を考えていたのか。まだ10代の若い女の子をだまして命を奪うことは許せません。西田裕一は本当の事を話すべきで、重い罪を望みます。

 

>>西田裕一のツイッターと顔画像を特定

コメント