ニュース・事件

谷慎二[谷しんじ]のFacebook顔画像と「あおり運転の余罪は多数」近所ではトラブルメーカー

tanishinjiニュース・事件

1月27日、大阪府堺市にある幹線道路で危険なあおり運転があり、無職・谷慎二容疑者が危険運転致傷とあおり運転の疑いが逮捕されました。あおり運転のあった現場は泉北1号線で、約5分間1.5キロにわたりあおり運転がありました。谷慎二容疑者は被害者の車を止めた後、不敵な笑顔で近づき、その後逃走。島根県内で谷慎二容疑者を確保して逮捕されました。

 

谷慎二[谷しんじ]Facebook顔画像、あおり運転の余罪は多数で近所ではトラブルメーカーという噂について深掘りします。

※追記あります。
谷慎二のFacebookを特定しました。

>>谷慎二2chのまとめ

>>谷慎二の経歴と家族がヤバい

谷慎二は堺市在住の無職45歳

谷慎二(谷しんじ)容疑者は45歳で、大阪府堺市に住む無職の男性です。堺市の住宅に一人暮らしで、ペット2匹と一緒に住んでいます。

近所の人の話によると、谷しんじ容疑者は細かいことにこだわる性格。いつもは穏やかで会えば挨拶もするが、近隣トラブルもたびたび起こしていました。

 

夜に子供の声がうるさいと怒鳴り込まれたことがあります。いつもはニコニコと大人しい人だったので、突然家に上がり込まれたときには恐怖でしかありませんでした。まだ8時ですし、ちょっとサッカーの試合をみて騒いでいただけなのに子どももかなりショックを受けてました。

 

隣の家の人とゴミの捨て方で怒鳴り合っているところを見ました。それ以来、谷慎二容疑者は目も合わさずにらみつけてきます。すっかり怖くなって、私は目を合わさないようにしています。

 

車好きなようで、マメに赤い車を洗車していましたよ。ほぼ毎日、車で出かけしていたので、無職だとは知りませんでした。たまにジッとこちらを見てることがあり「少し変わった人」という印象はありました。

 

谷慎二のFacebook顔画像

谷慎二容疑者の詳しい情報を知るために、Facebookで谷慎二の顔画像について調べてみました。

tanishinjiFacebook

 

フェイスブックで谷慎二を調べたところ、該当するアカウントは4件。1つずつ谷慎二のフェイスブックを確認していきます。谷慎二フェイスブックのうち、2つのアカウントは堺市在住ではありませんでした。

tanishinjiFacebook

残り2つは何も投稿のないフェイスブックアカウント。基本データにはプロフィールが入っていないので、谷慎二容疑者のフェイスブックなのか特定できません。

tanishinjiFacebook

「慎二谷」というFacebookアカウントも、名前以外の情報は一切ありませんでした。45歳という年齢ならもしかしてフェイスブックをやっている可能性もあるので、どちらかが谷慎二容疑者のフェイスブックなのでしょうか。

tanishinjiFacebook

今回はまだ情報が足りず、堺市であおり運転をした谷慎二容疑者のフェイスブックを特定できませんでした。谷慎二フェイスブックを特定でき次第、顔写真も載せます。

ところで谷慎二の顔画像は、あおり運転を録画しているので明らかになっています。怒りもしないでニタニタ笑いながら近づいてくる姿はまるでホラー。気味悪く笑う谷慎二容疑者の顔写真は、アップで見るとかなり怖いです。

tanishinjiFacebook

tanishinjikaosyashin

暗闇の中、やたらニヤニヤしながら近づいてきてくるのが不気味で、薬でもやっていたのでしょうか。被害者の撮ったこの映像はスマホで録画しています。谷慎二容疑者は、自分の顔が映ってしまうことがわかっていて、自ら顔をさらしにきています。

この後に自分の車のナンバーを指して、わざわざ車のナンバーを見せてくるのも不自然な行動。後日、島根県内で捕まりましたが、谷慎二容疑者の刑事責任能力について調べる必要がありそうです。

※追記あります。
谷慎二のFacebookを特定しました。週刊女性PRIMEによると、谷慎二容疑者はフェイスブックにて愛犬との散歩やサーフィンする様子を紹介しているとのこと。そこで引き続き谷慎二のFacebookについて調べていたところ、週刊女性PRIMEが「谷慎二本人のものらしいフェイスブック」がみつかりました。

tanishinjiFacebook

 

こちらの谷慎二フェイスブックでは犬を愛し、サーフィンをたしなむ人物です。約3年前の書き込みがこちら。なるほど。喋り相手は犬しかいないようです。

断酒失敗!(^^)
喋り相手犬市価おらんから
ここに書いて発散しよ~
ストレスに負けたわ

谷慎二の自宅を特定

谷慎二の自宅は、大阪府堺市南区逆瀬川。閑静な住宅地に谷慎二容疑者の自宅があります。

谷慎二容疑者は無職ですが、新築の家に犬二匹を飼っているという情報が入っていきました。無職で新築とは本当なのでしょうか。引き続き調査し、わかり次第追記します。

 

ところで谷慎二容疑者の逮捕容疑は、道路交通法違反(妨害運転)と自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致傷)の疑い。大阪府警は動画に映っていた車のナンバープレートなどをもとに、島根県内で谷慎二容疑者を逮捕しました。

tanishinjitaiho
グーグルマップで調べると、泉北1号線のある堺市中区から島根県までは車で約5時間の距離。堺市の泉北1号線であおり運転した後、そのまま島根県まで逃亡したのでしょうか。

谷慎二容疑者のあおり運転動画

谷慎二容疑者のあおり運転動画はこちらです。1月27日午後9時55分ごろ、被害者夫婦は夕食の帰り道、堺市南区から同市中区の路上を軽自動車で走行中、谷慎二容疑者からのあおり運転を受けました。

運転していたのは41歳の男性、助手席には42歳の妻が乗っていました。最初にあおり運転があったのは泉ヶ丘駅周辺。谷慎二容疑者の運転する車が、後方から車間距離を詰めたり、急に車線変更したり妨害運転したとのこと。

 

約1.5キロにわたってあおり運転を繰り返し、最後は被害者の車の前方に割り込んで急停止させました。車が急停止した際、助手席にいた妻は腰椎(ようつい)ねんざしてしまいました。

 谷慎二のあおり運転の余罪は

地元の人に聞いたところ、今回の事件のあった泉北1号線では、このようなあおり運転は多いとのこと。谷慎二容疑者かどうかはわからないけれど、大阪南部には運転マナーの悪い人が多いので注意が必要だと言っていました。

 

今回のあおり運転の動画を見る限り、被害者の車への幅寄せが絶妙。5分以上も後ろからあおったり、幅寄せしたり、前に割り込んだり。あおり運転が初めてとは思えない技術は、今まで検挙されていないだけであおり運転の余罪はたくさんあるに違いありません。

 

SNS上では泉北1号線のあおり運転ニュースについて「前にはこの現場の反対車線で、大学生が乗っていたバイクがあおり運転で追突される死亡事故があった」という書き込みが多く見られました。

 

あおり運転による死亡事故が起きたのは、2018年8月2日午後7時半ごろ。バイクに乗った男子大学生(22)は、後ろを運転する車からあおり運転が繰り返されました。

 

車を運転していたのは、堺市南区の40歳警備員・中村精寛容疑者。中村精寛容疑者が運転する車はバイク後部にぶつかり、バイクは転倒。バイクに乗っていた男子大学生は、脳挫傷が原因で亡くなってしました。

 

今回のあおり運転では死亡者がでず不幸中の幸いでしたが、全国ではあおり運転が原因の死亡事故は多発しています。先日、友人も運転中に後ろの車から執拗なあおり運転を受けたことがありました。

 

あおり運転は危険です。あおられる車の運転者の冷静な判断を奪うので、絶対にやめてほしいです。ニタニタ笑いながら近づき、その後は島根県まで5時間かけて逃走。卑怯としか言いようがありません。

 常磐道あおり運転事件の宮崎文夫

miyazakihumio

令和元年に大きな話題になったのが、常磐道あおり運転殴打事件の宮崎文夫(44)。後続車を無理矢理停車させ、運転手に対してグーで殴りつけるドラレコ映像は衝撃でした。

 

事件が起きたのは2019年8月10日。その後、茨城県警によって暴行と強要容疑で茨城県警逮捕されました。宮崎文夫は他にもあおり運転を繰り返していたとして、3つの事件について裁判が行われました。

 

宮崎文夫はあおり運転による逮捕と起訴を繰り返していた始末。やはり短気で交通ルールを守れない人は、あおり運転を繰り返す傾向にあるようです。起訴前には宮崎文夫は精神鑑定が行われて、他人が悪意を持っていると疑う傾向がある「パーソナリティ障害」の一種との診断を受けました。

 

パーソナリティ障害とは、感情や衝動コントロール、対人関係などのパーソナリティ機能に障害のある人のこと。アメリカの研究では、人口の約15%がパーソナリティ障害であると報告されています。谷慎二容疑者も刑事能力の有無を調べる検査が行われるかもしれませんが、もし障害が認められなくても絶対に免許を再取得はしてほしくないです。

>>谷慎二2chのまとめ

>>谷慎二の経歴と家族がヤバい

 

 

コメント

  1. 匿名 より:

    こいつらほんまに〇ねばいい煽り運転するやつきちがいやし交通ルール守れやくそども