となりのチカラ

となりのチカラのキャスト・登場人物・相関図!松本潤が2児のパパに!?

matsumotojunとなりのチカラ

2022年1月、松本潤さんが4年ぶりに連続ドラマ主演するのはテレビ朝日系ドラマ【となりのチカラ】。松本潤さんは、テレビ朝日での主演も初めてとなります。

 

今回は、ドラマ【となりのチカラ】のキャスト・登場人物・相関図・スタッフ・放送予定についてまとめました。

 

となりのチカラのおもなキャスト

中越チカラ/松本潤

 

となりのチカラのキャストと登場人物を紹介します。

松本潤(役:中越チカラ)

中越チカラ…なかごしちから

  • 妻と二人の子をもつ父親
  • 自称小説家だが、普段はゴーストライターとして働く
  • ライターだが口下手で、適格な言葉が出てこない
  • 特技は「人の話をいつまででも聞ける」こと
  • 人には敏感で、放っておけない性格
  • 靴下が左右逆など、自分には無頓着
  • 余計なことを考えすぎる癖もある

 

 

となりのチカラとは

思いやりと人間愛に溢れた鼓動するハートちょっぴり《中途半端な男》汗マークが、孤独に生きる現代人の心を救う…!?社会派ホームコメディ!!

 

となりのチカラは、テレビ朝日木曜で放送される新番組です。松本潤さんは、テレビ朝日ドラマ初主演。思いやりと人間愛だけは人一番、だけど何をしても中途半端な半人前な男「中越チカラ」を演じます。

 

「人を救いたい」「周囲を平和にしたい」と思うものの、問題が簡単に解決できないとわかるとオロオロと中腰に。同じマンションの住民と共に悩みを解決しながら、ひとつのコミュニティーを築いていく内容です。

 

脚本は「家政婦のミタ」「過保護のカホコ」など、独創的な主人公とそれを取り巻く
家族の姿を描き出すことで定評のある遊川和彦さん。
遊川和彦さん特有の世界観と、松本潤さんの演技力で、どんなドラマになるか注目です。

となりのチカラの主演は松本潤

主役を務める松本潤さんからのコメントもあります。遊川和彦×松本潤の最強タッグ!今からドラマ放映が待ち遠しいですね。

matsumotojun

失敗しないドクターの次に、失敗だらけの中途半端な男を演じることになりました 笑。松本潤です。テレビ朝日で初めてドラマに出演させて頂くことになりました!
しかも脚本、監督は気鋭・遊川和彦さん。今まで見たことのないドラマになると思います。僕自身、どんな作品になるのかまだ想像できていません。
遊川さんに怒られないようにしながら 笑、ガッチリ組み合って作っていきたいと思います。現代社会の様々な問題に、中腰の中途半端な男がオロオロと立ち向かい「ほんの少しでも世界が良くなること」を願うドラマです。
大変な状況が続く日々ですが、見てくださった方が心が軽くなり、少しだけ勇気がもてる。そんな作品にしたいと思いますので、楽しみにしていてください。
引用:https://www.tv-asahi.co.jp/

 

 

となりのチカラの相関図

となりのチカラの相関図は、おもな追加キャストが公開され次第掲載します。

となりのチカラのスタッフ

脚本 – 遊川和彦
音楽 – 平井真美子
主題歌 –
ゼネラルプロデューサー – 三輪祐見子(テレビ朝日)、服部宣之(テレビ朝日)
チーフプロデューサー – 黒田徹也(テレビ朝日)
プロデューサー – 秋山貴人(テレビ朝日)、松野千鶴子(アズバーズ)
演出 – 遊川和彦
制作協力 – アズバーズ
制作 – テレビ朝日

となりのチカラの原作は?

となりのチカラの原作は、遊川和彦さんのオリジナルストーリーです。脚本家・遊川和彦さんは、過去ドラマでは「家政婦のミタ」「過保護のカホコ」など人気ドラマを作成。

 

原作となる小説やコミックはなくて、完全なオリジナルストーリー。先が読めないストーリーと、松潤の人と交わりながら成長していくストーリー。絶対に面白くないはずがありません。

 

 

となりのチカラはいつから放送?

となりのチカラは、2022年1月スタートです。
毎週木曜よる9:00~の放送です。

 

脚本家・遊川和彦さんのコメントはこちら。

tonarinochikara

格好いい俳優が格好いい役をやることに猛烈な拒否反応があるへそ曲がりのぼくに、「松本潤さんで連ドラを…」というオファーがテレ朝から来たことは、ファンの方には物凄くアンラッキーなことだったかもしれません。
実際、ぼくは「今まで見たことのない情けない男をやらせたい」と即答したから。
でも、企画書を読んで、「おもしろいですね」と出演を快諾してくれたマツジュンの笑顔を見た瞬間、何だか物凄く心地よいと言うか、ほんわか幸せな気持ちになりました。
「こ、これは、主人公チカラそのものじゃないか…」と内心興奮したのを覚えています。
彼なら、決断力がなくてすぐ中腰になるけど、限りない優しさを持つこの主人公を、リアルな人間として見事に演じてくれると確信し、ワクワクが止まりません。
出口の見えない閉塞感の漂う今だからこそ、「チカラ君みたいな人が、となりにいてくれたらいいなあ」と、沢山の人が思ってくれる作品になればと心から願っています。
引用:https://www.tv-asahi.co.jp/

となりのチカラのメディア情報

>>眞子さまの純愛「映画化が決定!」

コメント