エンタメ

渡部おにぎりに彼女はいるの?強豪高校4番で塩見とチームメイトだった過去

WATABEONIGIRIエンタメ

金の国・渡部おにぎりさんが、ピン芸人日本一を決める『R-1グランプリ2022』決勝ファイナリストとして出場します。
渡部おにぎりさんについて調べると、強豪高校で4番キャッチャーを務めていたことがわかりました。
高校1年秋からレギュラー入りして、井口和朋投手とバッテリーを組んでいたとのこと。

 

しかも塩見泰隆選手とラインナップを組み、4番のホームランバッター!?
今は芸人として活躍していますが、高校時代には甲子園を目指す球児として活躍していたことがわかりました。
もしかして高校時代はモテモテでかわいい彼女もいるのでは?

 

そこで今回の記事では「渡部おにぎりに彼女はいるの?強豪高校4番で塩見とチームメイトだった過去」として、渡部おにぎりさんのプロフィールを紹介していきます。

 

この記事でわかること

  • 渡部おにぎりに彼女はいる?
  • 渡部おにぎりが強豪高校4番

渡部おにぎりに彼女はいるの?

強豪高校で4番キャッチャーを務めていた金の国・渡部おにぎりさん。
彼女について調べましたが、彼女情報は公開されていませんでした。

 

売れない芸人時代を支えてくれる彼女がいるかもしれませんが、今のところは匂わせなし。
しかしニューヨークの屋敷裕政さんが19年交際の一般女性と結婚を発表したように、R-1グランプリでの活躍を機に、結婚報道も飛び出るかもしれませんね。

 

渡部おにぎりさんと外見が似ていると思うのが、M-1グランプリ2021ファイナリストのモグライダーのともしげさん。
ともしげさんも、M-1グランプリをタイミングに彼女にプロポーズ。

 

コロナ禍で彼女の親にはまだ会えていなかったのですが、M-1を見ていてくれてたとのこと。
M-1での活躍もあって、無事に結婚話が進んだそうです。

 

渡部おにぎりさんは、野球でも注目された過去があるんですよ。
神奈川の強豪・武相高校2年時に1学年上の塩見泰隆(ヤクルト)とクリーンアップを組んだという実績!

 

2年生でありながら4番バッターを任されたという、すごい経歴があるんです。
高校時代の渡部おにぎりさんについて調べてみました。

 

渡部おにぎりが強豪高校4番で塩見とチームメイト

金の国・渡部おにぎりさんは、強豪高校である武相高校野球部出身です。
1学年上には塩見泰隆選手(ヤクルト)と井口和朋投手(日本ハム)。

 

捕手を務める渡部おにぎりさんは1年秋からレギュラー入りして、井口和朋投手とバッテリーを組んだとのこと。
打席では3番塩見選手、4番渡部おにぎりさんと、クリーンナップを任されていました。

 

渡部おにぎりさんはシニア時代から野球で活躍。
本当は横浜高校や東海大相模に行きたかったそうですが、甲子園常連校である2校に進学するのは難しかったそうです。

 

そんなときに当時の武相の監督である桑元孝雄さんが、渡部おにぎりさんの試合を見学。
桑元さんの前でホームランを打つ活躍で、武相高校に誘ってもらったそうです。

 

武相高校の1学年上には塩見泰隆選手と井口和朋投手。
教育係の一人として、塩見選手からの指導があったそうです。

 

野球の才能がある渡部おにぎりさんは、1年夏から控え捕手としてベンチ入り。
170cm・80㎏という体型ながらも技術の優れた渡部おにぎりさんは、1年秋からはレギュラー捕手となりました。

 

武相高校のエース井口和朋(日本ハム)投手とバッテリーを組んでいたとのこと。
3番塩見選手、4番渡部おにぎりさんという打順で活躍していました。

 

高校当時、塩見選手にいじられることが多かったという渡部おにぎりさん。
練習の合間に「渡部、ちょっと何かやって!」と余興のリクエストされることが多かったとのこと。
FUJIWARAの原西さんの一発ギャグを真似て、披露していたそうです(笑)

 

まとめ

今回の記事では「渡部おにぎりに彼女はいるの?強豪高校4番で塩見とチームメイトだった過去」として、金の国・渡部おにぎりさんについてご紹介しました。

 

渡部おにぎりさんの彼女情報はありませんが、高校時代は強豪高校で4番。
もしかしたら高校時代から付き合っている彼女さんがいるかもしれませんね。

 

また武相高校時代は、1年秋からレギュラー入り。
井口和朋(日本ハム)投手とバッテリーを組むキャッチャーとして活躍していました。
また4番ホームランバッターとして、塩見泰隆選手(ヤクルト)とクリーンナップを組む実力の持ち主でした。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント