エンタメ

山口まゆは子役時代から演技力がすごすぎる!生い立ちと学歴を調査

yamaguchimayuエンタメ

若手女優の中で注目を集めている山口まゆさん。

実は子役時代から女優業を始めていて、その演技力の高さがすごいんです。

山口まゆさんは中学生時代から『昼顔』『コウノドリ』などの話題作に続々と出演し、映画版『相棒』ではヒロイン役も演じました!

子役時代の山口まゆさんの活躍や、生い立ちと学歴プロフィールが気になりますよね。

そこで今回の記事では、次のことを紹介していきます。

  • 山口まゆの子役時代
  • 山口まゆの演技力
  • 山口まゆの生い立ち学歴

山口まゆの子役時代

山口まゆさんは2000年生まれで、現在21歳。

11歳のときに芸能界入りして、様々なドラマなどに出演しています。

2014年『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』に出演。

吉瀬美智子さんの娘役を演じて、その演技力からブレイク間近と話題になりました。

翌年の2015年にはドラマ『コウノドリ』に出演し、妊娠・出産する14歳の中学生役を熱演。

どの回も感動する『コウノドリ』ですが、山口まゆさん出演の回は神回と言われるて7年経った今も話題になっています。

中学生女子生徒の出産という大変な役でしたが、見事に演じきった山口まゆさん。

山口まゆさんの演技には絶賛の声がたくさん集まりました。

同じ2015年には、木村拓哉さん主演のアイムホームに出演。

オーディションで、木村拓哉さんの娘役を射止めて話題となりました。

そして2017年には水谷豊さん主演映画『相棒 劇場版Ⅳ』のヒロイン役に抜擢されています!

山口まゆの演技力は

山口まゆさんの演技力といえば、やはり『コウノドリ』!

山口まゆさん自身が中学生のとき、妊婦となり母となる役を演じました。

ドラマの中では出産後に産んだ子と別れなければいけない葛藤の姿に号泣する人が続出です。

山口まゆさんの演技を見て涙が止まらなかったという意見が多いんです。

 

山口まゆさんの演技は何度見ても泣くという・・・。

わずか14歳で心を揺さぶる演技ができるなんてすごいですよね。

 

ドラマ『コウノドリ』での山口まゆさんの演技をもう一度見たくなります!

コウノドリを無料で視聴するなら、U-NEXTがおすすめです。

\ 31日間無料視聴 /
⇒U-NEXTで見てみる

初回31日間の無料期間中に解約すれば解約金などは一切かかりません

山口まゆの生い立ちと学歴

山口まゆさんは東京都出身で、小学生時代はバレリーナを目指していました。

劇団四季『サウンドオブミュージック』を観劇して以来ミュージカル女優に憧れて、小学校4年生から6年生まで子役として芸能活動を始めたそうです。

中学進学を機に一旦芸能活動をストップしたものの、母がオーディション情報誌に応募して合格。

2014年から本格的に芸能活動を開始して、テレビドラマ『昼顔』などの話題作に次々出演して、高い演技力が認められました。

ここで山口まゆさんのプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前:山口まゆ
生年月日:2000年11月20日
出身地:東京都

山口まゆさんの出身高校は、城西大学附属城西高校です。

東京都豊島区にある私立の共学校で、陸上部の強豪校として知られています。

山口まゆさんは小学校のときから芸能活動を行っていたので、城西高校のスポーツ・芸能クラスにあたるCSクラスに在籍していました。

城西高校CSクラスの偏差値は54で、高校に通いながら芸能活動の両立をがんばっていました。

山口まゆさんは城西高校卒業後、日本大学芸術学部に進学。

日本大学芸術学部では映画学科を専攻して、作品を作る基礎を学んでいるそうです。

日本大学芸術学部は東京都練馬区にあり、偏差値は48です。

卒業生には、写真家の篠原紀信さんやアニメーション映画『この世界の片隅に』の片淵須直監督など、多くの有名人がいます。

まとめ

今回の記事では「山口まゆは子役時代から演技力がすごすぎる!生い立ち学歴を調査」として、山口まゆさんに注目しました。

  • 山口まゆは子役時代から話題作に出演
  • 山口まゆの『コウノドリ』が神回
  • 山口まゆは日本大学芸術学部に在籍

山口まゆさんは中学からテレビドラマに出演し始めて、水谷豊さん主演の映画『相棒』ではヒロイン役を務めていました。

2022年4月からは木村拓哉さん主演ドラマ『未来への10カウント』にも出演。

どんな演技で魅了してくれるのか、今から楽しみですよね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント