大阪府大東市

吉岡桃七さん殺害犯人はキツネ顔の男「騒音を注意されたので女子大学生を逆恨み」

yoshiokamomona-hannnin大阪府大東市

大阪府大東市マンション3階の部屋で、女子大学生の吉岡桃七さん殺害されました。犯人は真下2階の部屋に住む40代男性とみられ、吉岡ももなさん部屋に侵入した後ベランダからハシゴで下り、戻った自分の部屋に放火し死亡。吉岡桃七さんには殴られた痕や刺し傷が数十か所あることから、強い殺意があったとみられています。

 

吉岡桃七さん殺害犯人はキツネ顔の男、女子大生に騒音を注意されて逆恨みしたというウワサを調査します。

 

>>嘉本悟「近所で有名なクレーマーだった」

>>嘉本悟「統合失調症で幻聴か」

>>吉岡桃七さんインスタグラム顔画像がかわいい

 

吉岡桃七さん殺害犯人はキツネ顔の男

28日午前7時ごろ、大東市マンションのタカシハイツで「女性の叫び声が聞こえる」と110番通報がありました。そのときの様子を住民が「3階ベランダからハシゴで2階に下りていく男性の姿を見た」と証言しています。男が部屋に戻った後にパンパンと破裂音みたいな大きな音が鳴って、部屋が火事になりました。

 

警察は2階に住む40代男が吉岡桃七さん殺害犯人とみています。近所の人の話によると「2階に住む40代男性はキツネ顔でヒステリックな感じ。思い込みが激しい人のような気がする。」とのこと。

 

警察は犯人とみられる40代男性の名前と顔画像を公表していません。新しい情報がわかり次第、犯人の顔写真など新しい情報を追記していきます。

 

ところで騒音が問題で殺人に発展した事件には「ピアノ騒音殺人事件」がありました。神奈川県平塚市の県営住宅で「ピアノや日曜大工の騒音がうるさい」として、階下に住む母娘3人を刺殺しました。

yoshiokamomona-hannin

ピアノ騒音殺人事件の犯人は大濱松三死刑囚で、病的な精神に問題のあった人物。同情の余地もあったが、冤罪疑惑もないことから死刑が確定しました。

yoshiokamomona-hannin

吉岡桃七さん殺害現場は大東市マンション「タカシハイツ」

yoshiokamomona-house

吉岡桃七さんが住んでいる部屋で殺害された現場は、大東市マンション「タカシハイツ」。タカシハイツは築26年になる鉄骨5階建てのマンション。JR片町線(学研都市線)の住道駅から徒歩10分という好条件で、大阪産業大学まで歩いて15分ほどで近いです。

yoshiokamomona-house

吉岡桃七さんが住んでいたタカシハイツの間取りは1K。賃料は3.2万円ほどで、駅近マンションなのにとても家賃が安いです。安すぎる物件のため、女子大学生が一人暮らしするマンションとしてふさわしくないのでは?という口コミがありました。

 

家賃三万1Kで洗濯機外って…。若い女が住む物件じゃないだろ。やっぱりオートロックつきなどの物件が良いと思う。
昔、ワンルームのアパートだったけど、包丁で野菜切ってただけでうるさいって苦情きたことあった。築26年のワンルームって、かなり生活音が響きそうだよね。
大阪で駅まで10分で三万ちょいって安くない?しかも風呂トイレ別で。下の階は40代男性っていうし、大学生は学生専用に住んだ方が安心だよ。

 

家賃3万円は魅力ですが、安全面を重視した女性専用マンションを入居していればと考えてしまいます。もしタカシハイツでなければ、ご近所トラブルを回避できて吉岡桃七さんは殺害されずに済んだのではと残念でなりません。

タカシハイツの目撃情報

吉岡桃七さん殺害後、タカシハイツの目撃情報がツイッター画像と動画に上がっています。

タカシハイツ2階から黒煙が上がり、多くの消防車と救急車が集まっています。午前7時で早朝のため、多くの人が不安で火事現場を見に来ています。

yoshiokamomona-house

yoshiokamomona-house

炎と煙のすごいい中、消防士の方が消火に向かっています。このとき、吉岡桃七さん殺害犯人と思われる40代男性はすでに亡くなっていたのでしょうか。検死の結果もわかり次第、追記しています。

 

吉岡桃七さん殺害「40代男性の犯人像」

吉岡桃七さんを殺害するのに、ドアを外から開かないようにするなど用意周到かつ猟奇的な方法。頭から体まで数十か所を刺すところで、強い殺意を感じます。吉岡桃七さん殺害した40代男性の犯人像について、5chでは様々な意見が上がっています。

 

yoshiokamomona-sns

統合失調症なんじゃね?

 

yoshiokamomona-sns

クスリでもやってたのか。そうなると一気にクスリ叩きも発生する

 

yoshiokamomona-sns

精神的に問題があったんじゃねーの。殺しに行かないと殺されるみたいな観念に縛られてそう

 

逆切れする人は自らの主張を元に繰り返して問題を起こし、行動を否定されると「正義」をかざしてきます。

 

「自分には自由に生きる権利がある。それなのに近所に住む人の迷惑扱いされて、自由に動いて喋る権利をはく奪されては、もう肉体的・精神的に限界迎えた。四六時中あの女に見張られてるし、やらないとやられる・・・。」

 

過激な妄想の末に吉岡桃七さんを殺害し、自らの部屋に火を放つという異常な思想をもつ危険人物です。

 

【追記】48歳の会社員の男

吉岡桃七さんを殺害したのは、ビルメンテナンス会社社員の48歳男であることがわかりました。名前は嘉本悟。48歳男・嘉本悟は、日頃から奇声をあげるなどの問題行動を繰り返していました。

 

嘉本悟が自らも終わるつもりで計画していたのなら、正気の沙汰ではありません。

 

>>嘉本悟「統合失調症で幻聴か」

>>嘉本悟「近所で有名なクレーマーだった」

>>吉岡桃七さんインスタグラム顔画像がかわいい

>>小室圭さんの警備費用が5億円超え

>>小室圭さん「母と寝てる」マザコン男

コメント

  1. お米券 より:

    適当な事書かないほうがいいっすよ

  2. 風吹けば名無し より:

    ゴミみたいなブログやな、適当なこと書くな
    騒音出してたのはバカ女子大生の方だぞ
    自分の行動が原因で殺されて自業自得の極やな
    バカと統失が居なくなってまたひとつ日本が平和に近づいた事件