エンタメ

中国のASMRは何食べてる?意外な食べ物は日本でも食べられるのか調査

中国のASMRは何食べてる?グロテスクな食べ物を調査エンタメ

中国のASMR動画では日本では見たことのない食べ物を食べていて、何を食べているのか気になりますよね。

食材は日本でも手に入るものなのか、食べ物はどんな味なのか調べてみました。

この記事では次のことを紹介していきます。

  • 中国AMSRは何を食べてる?
  • 中国AMSRを見た人の口コミ

中国のASMRは何食べてる?

中国のASMR動画では何食べてるのか、一つずつ調べてみました。

豚肉の皮

中国ASMRでよく見かけるのが、ヒモで縛られた筒状の食べ物。

豚肉の皮を煮たもので、下ごしらえをしっかりして脂をとれば、食べたときの脂っこさと豚皮独特の匂いはないとのこと。

パプリカ

中国ASMRで真っ赤でやわらかいものを食べているのはパプリカ。

見た目がグロテスクに感じますが、実は野菜でよかったです。

腸粉

腸粉(ちょうふん)はつるつるした食べ物ですが、実は麺類ライスヌードルの一種です。

香港や広州の朝食や飲茶の点心として人気で、オイスターソースや醬油だれをかけて食べます。

見た目が筒状の豚の腸に似ていることから「腸紛」の名前になりました。

羊の腸

ハチの巣のような食べ物は、羊の腸とのこと。

中国ASMRでは赤く煮て、手づかみで食べているのが印象的です。

羊の脳

大きなきんちゃく袋の料理は、羊の脳をハチノスで包んだ料理。

日本ではなじみのない料理ですが、中国では全国各地で食べられるそうです。

キツネ色のきんちゃくがパリッとして見た目はおいしそうですが、食材を聞くと食べられるか自身がありません。

マテ貝

中国ASMRで輪ゴムで束にして食べているのはマテ貝。

日本でもマテ貝を食べますが、日本の場合は縦に割ってバター炒めなどにする食べ方が多いようです。

中国AMSR動画ではマテ貝を何かのタレにつけて食べてますが、オイスターソースか醤油などでしょうか。

食べ方がイマイチすぎて、残念ながらおいしそうには見えません。

ヒトデ

中国ASMRでヒトデを食べる動画も驚きますが、日本でもヒトデを食べる習慣はあるとのこと。

ウニに似た味ということで、意外においしいのかもしれません。

イソギンチャク

日本ではイソギンチャクを食べる習慣はほとんどありませんが、福岡の柳川地域では食用イソギンチャクを食べるとのこと。

コリコリした触感と磯の風味がおいしい珍味。

ヒナギヌガイ

串にさしていてカタツムリにも似た食べ物は、ヒナギヌガイ。

ヒナギヌガイは海に生息する軟体動物で、中国東部では食用として養殖されているとのこと。

ヒナギヌガイの食べ方の一つとしては、汁に漬け込んだものをそのまま口にいれて中身だけをちゅるんと食べるそうです。

中国AMSRを見た人の口コミは

中国AMSR動画にハマる人は多いですが、やはり食べ物が何なのかそこに意識がいくようです。

中国AMSR動画にハマるもう一つの理由が、手づかみの食べ方。

真っ赤なタレを口の周りにつけながら食べる姿を見るのは、見ているこちらの食欲が減りそうです。

コメント