ニュース・事件

JR爆破予告19歳少年の実名報道はいつ?ネットで特定されてる?

jrbakuhayokokuニュース・事件

5月4日午後に「JR倉敷-大阪駅間を走る電車に爆弾を仕掛けた」とツイッター投稿した19歳少年を特定。

大阪府警曽根崎署は7日、威力業務妨害容疑で大阪市内の19歳少年を逮捕しました。

法律の改正により18歳以上は成人となったため、SNSN上では「実名報道ある?」と話題になっています。

そこで今回の記事では、次のことを紹介していきます。

  • JR爆破予告19歳少年の実名報道はいつ?
  • JR爆破予告19歳少年ネットで特定されてる?

JR爆破予告19歳少年の実名報道はいつ?

現在は19歳少年を逮捕で身柄確保しただけなので、実名報道はされません。

JR爆破予告19歳少年の実名報道は、刑事裁判を起訴する段階で実名報道が可能になります。

SNS上では「19歳だから実名報道では」「成人なのに実名報道しないのはなぜ?」という意見が多く挙がっています。

「19歳で成人だから実名報道」という認識自体が勘違いで、司法上では18、19歳は成人ではなく特定少年扱いになります。

19歳少年が実名報道されない理由

  • 司法上は成人ではなく特定少年扱い
  • 特定少年は起訴されたときに実名報道が可能

おさらいになりますが、18歳(成年)なったらできることはこちら。

18歳(成年)なったらできること

  • 親の同意がなしで携帯電話やローン契約できる
  • 10年有効のパスポートを取得する
  • 公認会計士や司法書士、医師免許、薬剤師免許などの国家資格を取る
  • 結婚(女性結婚可能年齢が18歳に引き上げ)
  • 性同一性障害の人が性別の取扱いの変更審判を受けられる

民法で定められた「未成年者取消権」が18歳19歳になくなるので、自分の意思で契約することができます。

司法上は成人扱いにはならないので、実名報道されるということにはなりません。

JR爆破予告19歳少年ネットで特定されてる?

JR爆破予告19歳少年ネットで特定されていないようです。

Twitterアカウントは特定されていますが、ネット上では実名は特定されていません。

ただし19歳少年の自宅周りは包囲されて行動監視されていたでしょうから、近所の人には犯人が特定されていると思います。

SNS上でも実名報道のメリットは少ないとの意見に納得。

19歳少年の実名がわかったところでメリットはなく、実名報道されたときのデメリットの方が大きそうです。

まとめ

今回の記事では「JR爆破予告19歳少年の実名報道はいつ?ネットで特定されてる?」として、実名報道がいつになるのか調べてみました。

  • 司法上は特定少年で成年ではない
  • 刑事裁判の起訴で実名報道の可能性

SNS上では実名報道の必要性を訴える人がいますが、今すぐ19少年が実名報道される可能性はありません。

またネット特定班もまだ実名を特定していませんし、実名報道についてのメリットは少ないように思います。

コメント

  1. 無理 より:

    ip晒して一人を殴るのはいいんですね

    0
    0