秋篠宮家

紀子さま「昨年の誕生日会見で『眞子さまの結婚』を発表していた」

kikosama秋篠宮家

文/編集部

紀子さま「すでに結婚を認めていた」

長女の結婚については,対話を重ねながら,親として娘の気持ちを受け止め,一緒に考えていくことが大切だと考えています。その中では,共感したり意見が違ったりすることもありますが,お互いに必要だと思うことを伝え合いつつ,長女の気持ちをできる限り尊重したいと思っております。
引用:FNNプライムオンライン

 

2020年9月11日、紀子さま54歳の誕生日で、宮内記者会からの質問に文書で答えられたものの一部です。2019年当時は小室圭さんとの結婚は延期か破談と思われていました。しかし結婚報道が出た今改めて読み返すと、紀子さまは眞子さまの結婚を認めていたことがわかります。

 

「長女の気持ちをできる限り尊重したい」つまり、巨額の税金を投入して結婚を強行するという裏の意味があったのです。

 

秋篠宮さまも「長女の気持ちを尊重する」と宣言されていました。ところがこの言葉だけを抜き出して文章を読み取れば「結婚に賛成しています」という意味。秋篠宮さまも紀子さまも本当のことは言わず、国民によく見られたいがための発言だったのです。

 

そもそも秋篠宮さまが「国民から祝福されるような結婚を」と仰った言葉。「国民全員から祝福される」とは言っていないので、一人でも祝福してくれたらいいのです。

 

すでにテレビでは「眞子さまの結婚祝福ムード」が強引に進められています。テレビで芸能人コメンテーターが「眞子さまの結婚を祝福したいから結婚一時金を辞退せず、満額受け取ってほしい」と発言していました。

紀子さま「眞子の結婚は1年前に決まっていた」

2019年9月11日、紀子さまが誕生日に際して宮内記者会に回答した文書。眞子さまの小室圭さんとの結婚延期について、次のように述べられていました。

延期のことも含め、現在、長女は、さまざまな思いを抱えていると思います。このような状況で、長女の気持ちを推測するなどして現状や今後についてお伝えすることは、控えたいと思います。また、次女の将来については、本人が深く考え、歩んでいくことを期待しております。
引用:産経新聞

 

「長女は、さまざまな思いを抱えている」というほど、眞子さまとは会話がほとんどなかった状態でした。ゆえに、眞子さまの本年の気持ちを推測するのは難しかったとのこと。2019年の時点では眞子さまの結婚は見通しが立たず、小室圭さんとの破談もあり得た状態でした。

 

皇室の特権を活かして、わがまま放題で育った眞子さま。眞子さまは公務と称していますが、小室さんとヨーロッパ旅行に出かけていたのは皇室ファンなら周知の事実です。

 

本来なら紀子さまが毅然として、小室圭さんとの結婚を破談にすべきでした。しかし眞子さまが泣いて喚いて、娘のわがままに押し切られて一年後には結婚を許していたのです。

 

「長女の気持ちをできる限り尊重したい」をキーワードに国民をだまし続けた一年。2021年9月11日、紀子さま55歳の誕生日会見では、眞子さまの結婚を祝福する文言が含まれていると聞いています。

 

>>眞子さま「結婚後に即離婚の計画」

>>秋篠宮さまが結婚を破談にできない理由

>>小室圭さん「働かずして金丸儲けの人生」

コメント