秋篠宮家

小室佳代さん「4月あごの手術は整形手術か」昔と現在の顔画像比較

komurokayo秋篠宮家

小室佳代さんはあご手術した?|昔と現在の比較

デイリー新潮によると「4月8日の小室佳代さんの手術とは、あごの手術だった」と報道しました。以前から小室佳代さんには整形疑惑が出ていましたが、いよいよ大きなお直しをしたのでしょうか。小室佳代さんはあご整形した?昔と現在の顔画像を比較しました。

高校生(18歳)

komurokayo

小室佳代さんがまだ高校生のころの写真。旧姓が角田なので、角田佳代という名前で掲載されています。

 

今よりもずっと痩せているせいか、あごがシューっと伸びて面長な見た目。高校生という年齢よりも大人っぽい印象になります。

1990年結婚式(23歳)

komurokayo
小室佳代さんは相模女子短期大学卒業後、小室敏勝さんと出会います。小室敏勝さんは藤沢市出身なので、地元の友人の紹介で知り合ったのでしょうか。

 

髪の毛を長く伸ばしたソバージュのせいか、あごの長さは気になりません。花嫁さんということで、笑顔も今よりもずっとやわらかな感じです。

 

2017年婚約内定会見

komurokayo
2017年9月3日、眞子さまと小室圭さんの婚約内定会見の日の小室佳代さん。高校生のころと比べると、あごが発達してガッチリした印象。

 

赤いリップを厚めにぬっているので、面長よりも少し丸顔に見えます。

2021年6月退院後

komurokayo
アキレス腱断裂の後、タクシーから降りるところの小室佳代さん。左側からのアングルだと、マスクからのせいもあって目立った傷は見つかりません。

komurokayo

こちらの画像は、同じく退院後の小室佳代さん。右側からのアングルでも、あごの辺りには目立った傷は見つかりませんでした。

 

手術が4月8日で2ヵ月以上経っているので、腫れもなくキレイな顔。特に痩せたように見えず「あごの手術で食べにくくて体重が減った」事実はありません。

小室佳代さん「あご整形疑惑」

 

komurokayo

2017年の小室佳代さんと、2021年の小室佳代さんの写真を並べてみました。
あごのあたりを比較しても、マスクで隠している部分が多く、特別な変化は見つかりません。

komurokayo

右側のあごラインを比べてみても違いが見つからず。「マスクをとったらあごの形が違う!」ということもあるのでしょうか。

 

今はコロナ禍でマスクをつけることが当たり前の生活。このマスク生活に便乗して「コロナ整形」が流行っているといいます。小室佳代さんもコロナ整形、あご整形疑惑が消えません。

小室佳代さん「あご手術は本当か」SNSの反応

昔と今の写真を並べてみましたが、マスクもあって大きな違いが見つかりません。ICUに入って1ヵ月も長期入院が必要なほど大きなあご手術ですが、食欲に変化はないので全く体型は変わらず・・・。

 

「世間から逃げるための入院」「あご手術は本当なのか」などの声もあがっています。

コメント