秋篠宮家

小室佳代さん「美智子さま、息子の圭をお助け下さい」宮内庁病院で涙の面会

秋篠宮家

文/編集部

小室佳代さん「宮内庁病院でセレブ生活」

komurokayo-hospital

現在、小室佳代さんは、宮内庁病院にて長期入院中。眞子さまが義理の母になる小室佳代さんを心配して、宮内庁病院を紹介しています。

 

眞子さまは宮内庁に対して、病院の一室を開けさせるように指示。小室佳代さんが安心安全に過ごせるように、VIP個室を用意させました。

 

気になる小室佳代さんの体調は、ときどき頭痛がする程度。それほど重い病気ではないので、小室佳代さんは、毎日のセレブ生活を満喫しています。

美智子さまが宮内庁病院にお見舞い

michikosama

4月27日、上皇上皇后両陛下は健康診断のために宮内庁病院で診察を受けられました。宮内庁によると、定期的な検査は大型連休をはさんで数回に分けて行う予定です。

 

美智子さまは、宮内庁病院での健康診断をした後、小室佳代さんとお会いになったとのこと。美智子さまが、小室佳代さんのお見舞いを申し出たというから驚きです。

 

ところが上皇后美智子さまは、小室佳代さんが病気でないことは十分に承知しています。かわいい孫娘・眞子さまの結婚話を進めるために、小室家の金銭トラブルについて話し合いが始まりました。

美智子さま「金銭トラブル解決を指示」

今まで上皇后美智子さまが、眞子さまの結婚について公に発言することはありませんでした。それは週刊新潮12月24日号を強く否定されたことからも明らかな事実です。

 

kunaichou

 

上皇后美智子さまが宮内庁長官に指示し「小室圭さんと小室佳代さんの代理人を皇居に呼び出した」とした記事を否定しています。

 

眞子内親王殿下をめぐる週刊誌報道については,既に宮内庁ホームページで二度にわたり,上皇上皇后両陛下が首尾一貫して一切の発言を慎まれていること,また,上皇后さまの名の下に様々な事実に反する報道がなされていることに上皇上皇后両陛下も深く傷つかれ,お心を痛めておられることを説明してきました。
86歳というご年齢でご自分も病いを持たれながら,上皇陛下のお世話を唯一の務めとして過ごしておられる上皇后さまに対し,このようなことが引き続き行われていることは誠に遺憾であります。
https://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/taio/taio-r02-1218.html

 

しかしここまで眞子さまの結婚のお話がこじれると、いよいよ上皇后美智子さまの出番です。以前にも上皇后さまは、秋篠宮さまの「納采の儀を行うことはできない」という発言に関して、後日「秋篠宮さまをたしなめる」ということがありました。

 

今回、眞子さまと小室圭さんの結婚問題について、秋篠宮さまに任せたままでは話が進みません。困り果てた眞子さまが、直接、上皇后さまに結婚問題の解決を頼まれたと聞いています。

 

宮内庁関係者によると「今までは、上皇后美智子さまは眞子さまの結婚問題について秋篠宮ご夫妻に一任して、静かに見守る姿勢を貫いていらっしゃいました。しかし今回は、上皇后さまが直接、小室圭さんの金銭トラブル解決を指示していると思います。」という話でした。

 

美智子さまは、眞子さまの心中を思いやり、苦しく思われています。秋篠宮さまには任せてはおけず、2人の結婚についていよいよ美智子さまが動き出されました。

 小室佳代さん「息子の圭をお助け下さい」

komurokayo

小室佳代さんは「息子の圭をお助け下さい。」と涙を流しながら、美智子さまに頭を下げました。

 

「眞子さまと息子の圭は、深く愛し合っています。誰が見てもうらやましい、まさに理想のカップルだと思います。」

 

「眞子さまと圭はお互いに本当に大切な人であり、遠く離れていても気持ちで繋がっている特別な存在です。例えば息子の圭が太陽であれば、眞子さまは月。お互いが『なくてはならない存在』として結ばれています。どうか美智子さまのお力をお貸しください。」

 

小室佳代に心酔している眞子さまのことです。ヒックヒック鼻水たらしながら「アーアリガトウッ。うっうっうっ」と嗚咽とも唸り声とも区別がつかない“重低音どもり声”をあげながら感極まっていたことでしょう。

 

眞子さまが鼻をかむ光景が目に浮かびます。眞子さまの涙を見た美智子さまが、金銭トラブルを解決するために動き出すのは間違いないでしょう。

 

>>小室佳代さん「偽名で宮内庁病院に入院」

>>小室圭さん緊急帰国「マザコン息子の親孝行」

>>小室圭さん「秋篠宮家に婿入り計画」

 

コメント