秋篠宮家

小室佳代さん緊急渡米で涙の母子再会!「婚約破談金に10億円で一致」ファーストクラスの旅

komurokayo秋篠宮家

文/編集部

小室佳代さん「息子に会いにファーストクラスで渡米」

小室佳代さんが、息子の小室圭さんに会うためファーストクラスで渡米していたことが明らかになりました。小室佳代さんは喜びのあまり、口からよだれや泡を出しながら『圭ちゃーん!』と大号泣。涙とよだれがひどくて、小室圭さんの肩のあたりがべちょべちょになる様子が目に浮かびます。

 

このことはジャーナリスト篠原常一郎さんが、自身のYouTubeチャンネルで告発しています。一市民である小室佳代さんがファーストクラスで渡米したことを苦々しく思い、ニューヨークまで付き添ったSPが警備周りの記者に暴露したと話していました。

 

 

「(小室佳代さんを)警備する上層部から聞こえてきたことです。非常にけしからんと。なんでこんな特別扱いね、安全を守るというのはあるんだけど特別扱いじゃないかと。何を以って特別扱いかって言うとですね。」

 

「どうもね、KK(小室圭さん)お子さんの方の状況を心配して会いに、小室圭母は渡米したそうなんですよ。渡米した際にですね、小室佳代さんがファーストクラスで行ったと!」

 

「これはなんでわかったかっていうとですね。空港まで警備した警護をした関係と引き継いでですね、向こうまで一緒に行ってるようなんですね。これが警備当局の方には知られるところになって、憤りを広げてしまったんですね。」

 

眞子内親王がぞっこんの小室圭母子には多額の国費が使われているのは、皇室ファンなら周知の事実。いまだに小室佳代さんの住むマンションには、ポリスボックスがあります。しかしファーストクラスで渡米して、経費に700万円もかかっていたとは驚きが隠せません。

 

小室佳代さん「破談金に10億円を要求」

komurokayo

小室佳代さんが宮内庁出費で、ファーストクラスで小室圭さんに会いに行ったのは、婚約破談に関する話し合いが目的でした。宮内庁職員もニューヨークに行き、破談金について会談。

 

小室圭さん側は「眞子さまがこのまま何事もなかったかのように平穏に暮らすと想像すると、悔しくて苦しくて眠れません。」として、今まで録音した秋篠宮家の内情をバラさない代わりに、手切れ金として破談金10億円を要求しました。

 

小室佳代さんは「秋篠宮家の皆様にはここまで良くしてくださったことはわかってます。眞子さまとの結婚はリスクもわかってのお付き合いでしたが、それは国民の理解があってこそ。今では息子の圭も私も国民から嫌われ、好奇な目で見られるストレスから情緒不安定になってしまいました。」

 

「ウウウっ~!圭はズルくていじめをする人間とも報道されて、胸が苦しいです。もう人が信じられないし、圭はひどい女に捕まってしまいました。いっそ手切れ金で解決したほうが、気持ちが整理できるのかな、と思ったのです。」とまるで被害者づらです。

 

小室佳代さんは「相場はわからなくて」と前置きしつつ、破談金10億円を示しました。それに対して、宮内庁は破談金7億円という提示。十分な金額にもかかわらず、小室佳代さんは「破談金7億円では足りませんので!」と話がまとまりませんでした。

 

今後も破談金の金額交渉

komurokayo

相手は皇室という立場ある人なので、お金の話をしたらきっと支払うと確信している小室佳代さん。
ニューヨークでの密談のときには「2017年に婚約内定関係をして、もう4年も経ちますよ。4年といえば子供ならもう幼稚園ですよ!それだけ長く付き合ったら夫婦ですよ。」とすごい形相でまくしたてたかと思うと「このまま圭も私も泣き寝入りなのでしょうかぁぁぁ~!!!」とクッションを投げつけてきたとのこと。

 

宮内庁職員は「小室佳代さんは同じことを何度も話すのにやたら話が長く、正直うんざりします。私は公務員なのでこれも仕事だと思えば我慢もできますが、とにかく疲れます。」と不満を漏らしていました。

 

最初は爽やかな好青年と言われていましたが、結局、ちょっと見た目が良いだけで皇室の持参金目当ての小室圭さん。秋篠宮さまが「眞子、もういい加減あいつとは別れなさい。今回のことはお金で解決するからな。男なんていくらでもいるから。眞子が今回のことで成長したなら父さんも嬉しいよ。」と眞子さまを説得している様子が目に浮かびます。

 

>>小室佳代さん「反社と繋がる動かぬ証拠」

>>小室佳代さん「男を切らさない魔性の女」

コメント