秋篠宮家

小室圭さん「元婚約者に解決金を払うつもりはない」平然と人をだませる心理を明かす

komurokei秋篠宮家

文/編集部

小室圭さん「解決金を支払うつもりはない」

小室圭さんは元婚約者との金銭トラブルトラブルを解決するため約409万円の解決金を支払うと代理人弁護士が公表しました。国民からは小室さんの変わり身の早さに不満が噴出するとともに、無職の小室圭さんがどこから解決金捻出するのか疑問の声があがっています。一部では「秋篠宮さまか眞子さまが解決金を支払うのではと」疑われています。

 

しかし小室圭さん本人は、解決金の捻出についてまったく心配していないとのこと。そもそも小室さんは、元婚約者に解決金を支払うつもりはないという驚きの情報が入ってきました。

 

小室圭さんと親しい人物は次のように語っています。

「小室圭さんが解決金を支払うと発表しましたが、小室さんは『元婚約者は解決金を断るはずだ』と予想しています。もし元婚約者が解決金を受け取ってしまったら、国民の怒りが一気に小室さんから元婚約者に向いてしまいますからね。それを知っていて、小室圭さんは誠意を見えるけれども元婚約者への解決金に済むというわけです。」

 

小室圭さん、元婚約者が解決金を受け取らないと言うことを先読みしていたとは、さすが頭脳明晰。
百戦錬磨で借金を踏み倒してきた小室圭さんだから、借金から逃げる手立ては常人では思いつかないものがあります。

 

「返せ」と言えない元婚約者はカモ

komurokei

借りる人間は、貸す人間より頭がいいと思っている小室親子。「誰に言えばお金を借りられて、踏み倒されるか」という能力に長けています。小室佳代さんは「自分に惚れていて何も言えないアホなやつ」だと周囲の人に話していました。

 

「ママの婚約者だと思いこんでるバカな男が金貸してくれるから、遊んで暮らせるし。ママの顔好きのバカ男が『圭くんにお祝い』と金くれるから、本当顔がいいだけで人生って余裕だよ。」(大学時代の知人)

 

頭脳明晰でイケメンを自負する小室圭さんは、大学時代にテレビ朝日のアナウンススクールに通っていました。もちろんアナウンススクールの費用も、元婚約者からの支援です。美人の小室佳代さんとそっくりな好青年は、さらにタッキー似に整形して完璧を目指します。

 

>>小室圭さんタッキーに整形してた

 

小室圭さんは自ら「江の島海の王子」に応募して自己ブランド化は大成功。自信家で目立ちたがり屋な小室圭さんは、語学堪能なイケメン彼氏として眞子さまに好意をもたれて生涯一度の恋、ご結婚へと進みます。

「婚約」という名の援助交際

小室佳代さんと元婚約者の付き合いは、「婚約」という名の援助交際。元婚約者から色々と金銭援助してもらうことで、ICUを卒業できて海外留学した際の説明会で眞子さまと出会うこともできました。婚約破談後に「金銭を返してほしい」と言われて、小室佳代さんは大変驚いたと言います。

komurokei

小室圭さんも「婚約内定者」という名の援助交際。皇室利用のお蔭で三菱東京UFJ銀行の丸の内支社に配属されて、現在はニューヨーク州にフォーダム大学に留学することができました。小室圭さんが書いた自己推薦文は80ページにも及び、日本皇室の眞子さまの婚約者であることを最大限にアピールしていたのは有名な話です。

 

「『私はロイヤルファミリーのプリンセス眞子さまと婚約中です』『将来日本を背負うためには、フォーダム大学で国際司法を学ぶ必要がある』と記載した可能性は十分にあります。」(宮内庁担当記者)

 

援助交際であるならば、元婚約者からの支援金も眞子さまからの生活支援金も、婚約破談になっても返済する必要がありませんね。

 

>>小室圭さん発達障害だから噓をつく 

>小室圭さん「母と寝る」マザコン男

>>小室圭さんの警備費用が5億円超え

>>小室圭さん「2台のレコーダーをもつ録音男」

 

コメント