秋篠宮家

小室圭さん「オレ、国連事務総長になるわ」日本に戻らず国連で慈善事業活動を担当

komurokei秋篠宮家

文/編集部

小室圭さん「オレ、国連事務総長になるわ」

小室圭さんがニューヨーク州弁護士資格を取得した後は、国連職員になる路線が濃厚。昔「海の王子」の自己紹介文で外交的な仕事を希望していたので、皇室を使って国連の職員になることはそんなに不自然な話ではありません。ニューヨーク州司法試験に合格して箔をつけた後は働く舞台は海外となるので、マスコミに追い回されるストレスはなくなるでしょう。

 

小室さんは以前から国連職員になることを希望していたとのこと。眞子さまとの電話で将来の就職先について相談していたところ、突然「オレが国連に入ったら、将来は国連事務総長になるわ。」と宣言しました。

 

眞子さまは、国連事務総長になりたいという小室さんの夢を聞くと両手を叩いて賛成。「圭さんが国連事務総長なんてかっこよすぎます!国連事務総長になったら、国民は手の平を返したように圭さんを称賛しますね。」眞子さまは、おーいおいおいと感無量で泣きっぱなし。

 

「圭さんが国連への就職を決めたらようやく結婚できますね。海外で暮らしたらすぐに子供を作りましょう。圭さんにそっくりな男の子と女の子がほしいです。」と大乗り気の眞子さまの姿が目に浮かびます。

「小室圭さんが国連に就職」秋篠宮家で下準備

akishinonomiya

小室圭さんが国連に就職するにあたり、すでに秋篠宮家では準備が始まっています。2021年2月、天皇陛下のお誕生日のお言葉もありましたが、秋篠宮さまは完全に無視。小室さんが国連関連の慈善事業に携わることで、いよいよ眞子さまに相応しい状況となります。

 

今回の留学費用は今の弁護士事務所が出しているので「弁護士事務所に戻って働かないのは不義理だ」という声もあります。せめて留学費用を返すか、費用分は仕事しようとするのが一般的な考え方。しかし小室一家は「借りたものはもらったもの」と考えるので、小室さんは弁護士事務所に戻るつもりは全くありません。

 

そもそも小室さんは縛られるのが嫌いで、銀行員時代も弁護士事務所でのアルバイトも長続きしませんでした。国連なら働く場は外国になり、小室さんにとっては日本より働きやすく安全な職場。皇室パワーも存分に使えて、将来の国連事務総長も夢ではありません。

 小室圭さん結婚後も秋篠宮家から援助

komurokei
小室圭さんが就職する予定の国連給与は平均860万円ほどと言われています。年収だけを聞くと高所得のように聞こえますが、住居は自分で準備。海外でセキュリティーのしっかりしたマンションに住むとなると、月に25万円ほどかかります。

 

すでに借金まみれの小室圭さん。奥野法律事務所からは、年間500万円が生活費と支払われていました。3年間の貸与の予定ですが、1,500万円は給与として支払わたとのこと。もし奥野法律事務所に戻らないのであれば、1,500万円の返済義務が生じる可能性があります。

 

フォーダム大学ロースクールの学費は、1年間あたり約640万円。初年度は授業料全額免除の奨学金を獲得できましたが、2年目以降は上位優秀者に選ばれていないため全額免除ではない様子。フォーダム大学の学費だけでも500万円ほどの借金があります。

 

奥野法律事務所への返済と、フォーダム大学奨学金の返済。現在2,000万円近くの借金があるため、国連給与だけでは生きていけません。ところが、結婚後の眞子さま・小室圭さんの家庭には秋篠宮家の援助は約束済みです。

 

【追記】菊の紋ニュースに真似された

kikunomon

いつも菊の紋ニュースに真似されてますwww
本物はここのサイトです。

 

コメント

  1. 名無し より:

    皇室のコネって、本当なのですね。
    これからもKKがおいしい思いをするのは許せません。

    0
    0