秋篠宮家

小室圭さん「緊急帰国で土下座会見」国民に謝罪

komurokei秋篠宮家

文/編集部

小室圭さん「緊急帰国で土下座会見」

小室圭さんは3年間のフォーダム大学留学を終え、いよいよ7月には司法試験を迎えることになりました。見事試験に合格できれば、来年の1月にはニューヨーク州弁護士資格を取得し、弁護士として活躍することとなります。

 

ところが、眞子さまとの結婚はいまだに見通しが立っておらず、帰国の予定もありません。いつ小室圭さんは、国民に向けて会見をするのでしょうか。

 

ある皇室ジャーナリストは「小室さんは人のアドバイスを聞こうとしないプライドの高い人物。
おそらく国民へ向けて会見する可能性はほとんどないでしょう。」とのこと。

 

宮内庁関係者も「小室さん自身は、それほど結婚にこだわっているようには見えません。
残念ながら結婚に固執しているのは眞子さまの方。小室さんは急いで結婚しなくても、金や権威が自由に手に入る今の独身生活がいいと考えているようです。」と苦しい胸の内を明かしてくれました。

 

専門家の意見を聞いていると、日本に帰国しても土下座会見は100%ありえません。

宮内庁から「帰国しないでほしい」

komurokei

実は宮内庁から小室さんに向けて「帰国しないでほしい」と要請があったとのこと。小室さんが帰国すると日本国内が混乱するので、今しばらくはアメリカに滞在していてほしいというのです。

 

小室さんが帰国するとなるとSPなど警備の他に、14日間隔離するための施設を用意する必要があります。もはや皇族の一員になった小室さんは都内高級ホテルのスイートルームを希望。しかし14日間スイートルーム滞在となれば、国民の怒りは必須です。

 

また4月8日の小室文書に対する質疑応答も考えなければなりません。なぜ元婚約者からの支援をもらったものと言い張るのか。元婚約者の会話録音はどのように行われたのか。解決金は支払うつもりはあるのか。

 

小室さんの返答次第では火に油を注ぎかねないので、どうしても小室さんの帰国を阻止したいというのが宮内庁の本音です。

 

小室佳代さん「渡米に向けて英会話を猛特訓」

komurokayo

お金が欲しい。学歴が欲しい。名誉が欲しい。小室佳代さんは自分が欲しかった物を息子に託し、圭さんはすべて実現してきました。小室圭さんと眞子さまが結婚すれば、母親である小室佳代さんも上級国民の仲間入りです。

 

現在の小室佳代さんは、ニューヨーク移住に向けて英会話を特訓中とのこと。毎日30分のオンライン英会話で、すでにネイティブ級の英語力を身につけています。

 

眞子さまと小室圭さん、そして佳代さんの3人が暮らすというのが、マンハッタンの超高級マンション。国連本部にも近く、セキュリティーは万全です。低所得者(現在は無職)で中流以下の生活だった小室圭さん親子にとっては、眞子さまとの結婚は人生一発逆転の大チャンス。

 

小室佳代さんが「世間から厳しい目で見られることもあったけど、結婚に向けてラストスパートよ!
このまま眞子さまと結婚すれば圭ちゃんは国連に就職できて、マンハッタンの超高級マンション暮らし。今まで不幸な家庭でがんばって育ってきたのだから、圭ちゃんってシンデレラボーイよね!」と大喜びしている姿が目に浮かびます。

 

【追記】菊の紋ニュースにコピペされました

kikunomon

今回もしっかりと菊の紋ニュースにコピペされました。タイトルは少し違うけれど、記事の中身は99%同じです。泣

コメント