秋篠宮家

小室圭さん就職先はどこ「マンハッタン勤務のエリート弁護士」

komurokei秋篠宮家

16日発売の週刊文春により、小室圭さんの経歴書に虚偽内容が含まれる疑いが報じられていました。小室圭さんの希望する大手法律事務所には断られたと思われていましたが、25日JNN独自取材によりニューヨークの大手法律事務所に就職していたことが判明しました。

 

小室圭さん就職先はどこ「マンハッタン勤務のエリート弁護士」について深掘りします。

 

小室圭さん就職先はどこ

JNN独自取材によりニューヨークの大手法律事務所に就職していたことが判明しました。

 

報道内容を抜き出してみました。

 

まもなくニューヨークから一時帰国する予定の小室圭さんが急成長している大手法律事務所で働いていることが分かりました。

komurokeioffice

「小室さんが働いているビルはマンハッタン超一等地にあるこちらのビルで17階にあるということこです。」

komurokeioffice

法律事務所担当者:「KEI KOMUROね。少々お待ち下さい」「KEI KOMUROはただ今、電話に出られません。メッセージをどうぞ」

komurokeioffice

小室さんが勤務しているのはニューヨークなどアメリカ全土に5カ所の拠点を持ち、従業員350人以上が働く大手の法律事務所です。2008年以降、急成長していて、ウォール・ストリートジャーナルは「企業法務のエリート集団」と紹介しています。

komurokeioffice

小室さんは助手として最先端テクノロジー会社を担当しています。

 

小室圭さん「事務所関係者と会食」

秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が内定している小室圭さんが帰国を前に、ニューヨークにある就職内定先の法律事務所の関係者と会食したとみられることがJNNの取材で分かりました。

komurokei

記者質問「年内のご結婚ということでいいでしょうか?」
記者質問「儀式を伴わないご結婚ということで異例の形ですけど、どう思われるでしょうか?」

komurokei

いずれの質問にも、小室圭さんは無言。しかしその表情は不機嫌ではなく、半笑いの表情。マンハッタン大手法律事務所での就職と、眞子さまとの結婚が決まり、人生で一番楽しいときなのも納得ですが・・・。

komurokei

小室圭さんは24日、マンハッタン中心部にあるレストランに入りました。内定している法律事務所の関係者と会食をしたものとみられます。金髪女性2人が、法律事務所の関係者なのでしょうか。小室さん、両手をポケットに手を入れて風を切って歩いています。

komurokei

会食は1時間ほどで、小室さんは頻繁に笑顔を見せて、会話を楽しんでいた様子でした。大手法律事務所に勤めるエリート弁護士であれば、短髪で清潔感のある身だしなみが必要だと思うのですが、小室さんの能力があれば外見は関係なしなのでしょうか。

 

小室さんは週明けの月曜日にも帰国する見通し。帰国を前に、就職内定先の弁護士事務所と打ち合わせをしていた可能性があると報道されました。

 

小室圭さん「年収二千万円は不可能」

小室圭さん、個人的に時折動向を追っており、米国のLowenstein Sandlerという法律事務所のHPに名前が載っていることを発見。
ここは初年度のベース給与が$205,000(約2,250万円)程度。小室さんが担当するであろう分野はNational rankでTier 1-2評価。風貌もSAMURAIの如く変貌し、今後も個人的に注目だ。

 

小室圭さんが就職した法律事務所Lowenstein Sandlerでは、初年度ベース給料が年収2,250万円とのこと。しかし小室圭さんは、大手の法律事務所のLaw Clerk法務書記として就職。弁護士としての就職ではないので、弁護士平均所得の年収1800万円は難しいと考えられます。

 

小室圭さんの年収だけでは、マンハッタンの高級住宅で暮らすのは生活が苦しいはず。やはり今まで眞子さまの貯めた預金が使われるのでしょう。

 

眞子さまは皇族費年間915万円を支給されて、その貯金額は半端ないですからね。東京大学総合研究博物館特任研究員はボランティア活動ともいわれていますが、多少給与はもらっています。

 

皇族費年間915万円と合わせると、年間1,000万円以上は貯金できています。眞子さま自身、それほどお金を使う機会は無いので全額貯金。国民の税金が、小室圭さん眞子さまの生活を支えるのは間違いありません。

 

【追記】Law Clerkの年収は約700万円

ニューヨーク州のLaw Clerk法務書記の求人を調べた方がいました。

komurokei

今のlaw clerk で求人を調べたら65000ドルぐらいだった。眞子さんを食べさせるのはムリな年収で結婚するのね。

 

65000ドルを日本円に換算すると、なんと驚きの年収715万円という金額。弁護士の年収の3分の1程度しかありません。

 

マンハッタンは物価が高く、マンションを借りるのにも月50万円といわれています。眞子さまが一般人となられた後とはいえ、セキュリティーのない安いマンションには住めないはず。現在Law Clerkの小室さんが、どのように眞子さまを養っていけるのか不安でしかありません。

 

【追記】小室圭さん就職先は大手法律事務所L

アメリカニューヨーク州の法律事務所Lに、小室圭さんの名前があることが判明。法律事務所Lには公式YouTubeもあり、かなり立派な事務所であることがわかります。

>>眞子さま小室圭さん結婚反対デモ動画

コメント