秋篠宮家

小室圭おでこに白斑!ヒアルロン酸注入の副作用はデマで病気が原因

komurokei秋篠宮家

9月27日、小室圭さんが3年2ヵ月ぶりに日本へ帰国しました。ニューヨークで見た長髪ポニーテール姿に目を奪われますが、今回は「おでこの傷?白斑?」も話題になりました。小室さんの額の傷はいつからあり、なぜ白斑ができたのでしょうか。

 

小室圭おでこに白斑!ヒアルロン酸注入の副作用はデマで病気が原因という情報についてまとめました。

 

>>眞子さま勲章授与「副賞は1億5000万円」

>>小室圭さん別人か「本物との画像比較」

>>小室圭さんの警備費用が5億円超え

>>小室圭さん「タッキー似に整形してた」

小室圭おでこに白斑

komurokei

2021年9月27日、成田空港に到着した小室圭さんのアップ顔画像。小室圭さんのおでこを見ると一部肌が白くなっており、三日月のマークにも見える白斑を確認できます。

 

白斑とは皮膚の一部が脱色されたように白くなる疾患のこと。白斑の原因の詳細は明らかになっていませんが、皮膚がメラニンをつくれなくなり、肌が白く見えるという病気です。

 

今まで気づかなかっただけで。小室圭さんのおでこにはもともと白斑があったのでしょうか。日本にいた当時の顔写真と、ニューヨークで出発前の小室圭さんの顔写真も確認してみます。

komurokei

眞子さまと婚約内定会見後、パラリーガルとして働いていた小室圭さん。このときの小室圭さんのおでこには白斑が見つかりません。

komurokei

つるんとして傷はなく、綺麗なおでこ肌です。やはり、日本にいたときはおでこに傷がなく、肌が白く見える白斑も見つかりません。

komurokei

ニューヨークでPCR検査を受けた直後といわれる小室圭さん。外なのでわかりにくいですが、おでこに白斑のあるのがわかります。

komurokei

日光に当たってさらに白く見え。おでこに白斑のあるのが確認できます。ニューヨークにいた3年間の間に白斑ができたようです。

小室圭の白斑「ヒアルロン酸の副作用か?」

komurokei

ニューヨーク州司法資格を取得するために、フォーダム大学で学んでいた小室圭さん。3年ぶりにみる小室圭さんはすっかり外見が変わっています。

 

「大人っぽくなった」という言葉では収まらないほど、外見がすっかり変わってしまっています。一部では「小室圭さんニューヨークで整形した?」ともいわれるほどでした。

 

実際には整形ではなく並行眉に変えたのが、小室圭さんの見た目の印象を変えた理由です。ところが、おでこにヒアルロン酸を注入したため白斑ができたのではとも考えられています。

 

美容整形のヒアルロン酸注入の副作用で、白斑のできることはあるのでしょうか。調べたところ、ヒアルロン酸注入の副作用で「白斑」の症状はありません。肌が赤く見える「赤斑」はありますが、白く見える「白斑」はないようです。では一体、なぜ小室圭さんのおでこに白斑があるのでしょうか。

 

小室圭「白斑は病気が原因か」

2021年10月1日、宮内庁は眞子さまと小室圭さんの結婚を発表し、眞子さまは複雑性PTSDであることも公表しました。眞子さまが複雑性PTSDになったのは、眞子さま・小室圭さん・小室圭さん母に対する誹謗中傷が原因とのこと。

 

小室圭さんのひたいに白斑ができたことも、精神的なもの肉体的なものが原因であると否定できません。白斑の種類は大きく分けると3つあります。

  • 老人性白斑
  • 脱色素性母斑
  • 炎症後白斑

老人性白斑は名前の通り「老人の方に見られる白斑」で、脱色素性母斑は「生まれつきある白斑」。白斑の種類と理由を知ると、老人性白斑と脱色素性母斑は小室圭さんに当てはまりません。

 

もう一つの炎症後白斑は、湿疹などが治った後に一時的に肌が白くなる症状のこと。小室さんは以前に湿疹などの肌が炎症を起こすような皮膚病を患った可能性があります。

 

他にもまれに、甲状腺疾患、悪性貧血、糖尿病、胃炎などに併発して白斑が現れる可能性もあるとのこと。小室圭さんは皮膚の炎症か、他の病気で白斑が現れたと思われます。

 

次に眞子さまと小室圭さんが会見に臨むのは、10月26日。予定ではお二人揃って記者会見される予定ですが、そのときに小室圭さんのひたいの白斑が濃くなっているのか薄くなっているのか。白斑の進行具合で、原因や病名がわかるかもしれません。

 

>>眞子さま勲章授与「副賞は1億5000万円」

>>小室圭さん別人か「本物との画像比較」

>>小室圭さんの警備費用が5億円超え

>>小室圭さん「タッキー似に整形してた」

コメント