秋篠宮家

眞子さま「小室佳代さんの養子に入ります」年内結婚に向けての大逆転

makosama秋篠宮家

文/編集部

眞子さま「小室佳代さんの養子に入ります」

週刊女性セブン7月22日号では、「衝撃!小室圭さん母に心酔『眞子さまが養子に入る!』」という記事が出ました。

 

結婚なき皇室離脱ののちに、眞子さまが「小室家の養子になる」という選択肢があるのです。それならば、秋篠宮さんが否定されている納采の儀など、いわゆる女性皇族の結婚の儀式を経ることなく、眞子さまは小室圭さんとひとつ屋根の下で、一緒に生計を立てて、暮らしていくことができる。」

引用:週刊女性セブン7月22日号

 

秋篠宮さまが皇位継承の第1順位にある皇嗣となられたことを宣言された関連行事「伊勢神宮への参拝」はコロナ禍で延期。しかし今年11月までには伊勢神宮への参拝をする予定であることが明らかになりました。

 

伊勢参拝は皇室にとって、大変重要な行事。滞りなく伊勢参拝を行うための準備は忙しく、とても眞子さまの結婚までは手が回りません。

 

ところが眞子さまは年内結婚は諦められず「どうしてパパも恋愛結婚したのに、私には認めてもらえないの!」と大号泣。リビングにある花瓶を窓ガラスになげつけて、大暴れです。

 

「圭さんと結婚できるのなら皇室を離脱して、持参金も辞退するわ。騙された、とか、利用された、とか…そう思いたくなくて。信じてる、ではなくて、信じたいの。」とまるで悲劇のヒロインのようで、周りにいた職員もドン引き状態。

 

佳子さまは「眞子、狂ったメスブタみたいだよ。」と呆れた様子。紀子さまもヒロイン的な感情にどっぷり浸った眞子さまにかける声もなく「信じがたいわ・・・」と寝込んでしまいました。

眞子さま「年内結婚への大逆転」

納采の儀を行い、年内結婚するのはほぼ絶望的。眞子さまは年内結婚への大逆転とし残るのが、小室佳代さんの養子に入る方法です。

 

眞子さまが皇室離脱した後、小室佳代さんの養子に、小室圭さんの妹になるというから驚きです。小室圭さんと眞子さまは一時的に義理の兄妹になりますが、養子間では結婚が可能。

 

小室圭さんの金銭問題など事態が落ち着いてから、婚姻届けを提出。そうすれば、納采の儀や豪華絢爛な披露宴などは必要ありません。

 

眞子さま「13万円のチャペルで結婚式」

2019年6月、眞子さまは母校・国際基督教大学(ICU)内のチャペルで催された親友の結婚式に参列。それ以来、眞子さまはICUのチャペルで結婚式を挙げる未来を夢見ています。

 

学内のチャペルでの結婚式はICUの卒業生に大人気。挙式の基本費用は13万円と破格で、年間約50組が式を挙げているといいます。

 

小室圭さんの留学費用は全額借金で、その総額1,350万円とのこと。13万円のチャペル婚であれば、眞子さまが今まで貯めたお金で十分に賄うことができます。

 

皇室担当記者によると「眞子さまは、小室さんとの『本気の愛』を証明しようとしています。もし眞子さまが皇室離脱して、一時金を辞退されれば、国民も二人の結婚を認めるかもしれません。」とのこと。

 

小室佳代さんも眞子さまを迎えるべく、部屋の掃除を始めています。1億5000万円の持参金は支払われませんが、小室佳代さんはすでに準皇室気取り。さっそくある出版社から「令和のプリンス!小室圭を育てた子育て術」という本の出版計画が進んです。

 

>>紀子さま「眞子宮家を創設しましょう」

>>眞子さま「駆け落ち婚を決意」

>>小室圭さんと眞子さまが結婚なら消費税20%!

 

コメント