秋篠宮家

眞子さま暴露本を出版「小室圭さんとの真実の愛を貫いて」

makosama秋篠宮家

文/編集部

眞子さま暴露本を出版

makosama
眞子さまが暴露本を出版する準備を始めていることが明らかになりました。暴露本の内容は、眞子さまが小室圭さんの出会ったころから書き始めた日記に基づいた内容。

 

2017年9月3日ご婚約内定の会見では「(小室圭さんとの出会いは)2012年の交換留学に伴う大学構内での説明会でした」と仰ってました。ところが暴露本では「実際には渋谷でのパーティーであった」と訂正。眞子さまは飲み会などを楽しむ今どきの学生であったことがわかり、多くの国民に共感される内容となっています。

 

また出版の担当者からは「皇族に関する隠された真実を明かしてほしい」との要望もあり、現在は内容を推敲しているとのこと。装丁はかなり立派で、日本語と英語翻訳の2パターンで出版される予定です。

眞子さま「小室さんとの真実の愛を貫いて」

 

makosama

今回、眞子さまが出版される本は、前半部分が小室圭さんとの真実の愛を語った伝記となります。
結婚までの障害を乗り越える様子と、涙ながらに西村宮内庁長官を説得した感動いっぱいの愛の伝記。

 

秋篠宮さまと紀子さまの反対に負けず、変わらぬ愛を貫いたふたつの魂をつづるストーリー。眞子さまと小室圭さん理想の二人の出会いから、皇室離脱までを丁寧に描かれています。馴れ初めやデート写真、体の関係やプロポーズの言葉など、赤裸々に書かれているといいいます。

 

皇族として生まれた眞子さまが、苦労しながらも真実の愛を掴む感動の伝記。人々に愛と感動を届けるストーリーで、編集長も太鼓判を押しているとのことです。

makosama

本の後半は、二人を知る友人・知人・関係者へのインタビュー記事。小室圭さんの眞子さまと元カノ二股疑惑の真相、紀子さまから「皇室出禁」を言い渡された恋愛事情について語られています。

 

また2013年6月に小室圭さんが宮内庁職員に扮して、眞子さまとの税金6,000万円の豪華婚前欧州旅行。今なら明かせる隠れた税金の使い道について、関係者が赤裸々に語っています。

 

秋篠宮さま「暴露本については気にしていない」

akishinonomiya
眞子さまが暴露本を出されることについて、秋篠宮さまはすべてをご承知。秋篠宮さまの考えとしては「国民に後ろめたいことがなければ何も怖くない」とのお考えです。

 

秋篠宮さまは「暴露本については気にしていない」と仰っていますが、紀子さまは「眞子さまの暴露本出版を阻止しよう」と必死になっています。ところが結婚後の生活のことを考えると、眞子さまの暴露本による収入を否定するわけにはいかないとのこと。

kikosama

眞子さまが結婚してアメリカで暮らすと膨大な警備費等が必要ですが、暴露本で収入を得られると全てを賄うことができるです。国民の祝福を受けられない結婚に結婚一時金は渡せないので、紀子さまも暴露本出版を認めざるを得ない状況です。

 

眞子さまが暴露本を出版されると、前払い金として1億円が支払らわれる予定。英国王室のメーガン妃が絵本「The Bench(ザ・ベンチ)」を出版したときは、前払い金として50万ポンド(約7800万円)が支払われたと話題になったので、眞子さまはそれ以上の前払い金を見込めます。

>>眞子さま「結婚後に即離婚!」

>>眞子さま「渡米後は新興宗教の広告塔」

>>小室圭さん「借金が増えて破産寸前」

コメント