秋篠宮家

眞子さま「令和版ロミオとジュリエット」ハリウッドで映画化

makosama秋篠宮家

文/編集部

眞子さま「ロミオとジュリエット効果」

障害がある恋は燃えやすく、今の眞子さまと小室圭さんは恋愛感情が高まるロマンチックな環境。眞子さまは悲劇のヒロインのジュリエットとなり、小室圭さんとの愛は燃え上がるばかりです。

 

「ロミオとジュリエット効果」とは、周りから反対されるほどお互いの愛情や信頼関係を深めていく効果のこと。「恋愛へ反対されたことを、脳が恋人への興奮であると勘違いする」とも考えられています。

 

makosama

 

一般的には、遠距離恋愛は1/3が失敗して自然消滅するとのこと。会える回数が少ないと恋心が冷めて、他に魅力的な人が現れるはずでした。しかし幸か不幸か、眞子さまの周りには好みの男性が一向に現れません。

 

「小室圭さんが留学すれば、恋は自然消滅」と、関係者の目論見は大はずれ。小室圭さんの悪事が暴かれるほど、眞子さまのメラメラと愛情が燃え上がります。

 

眞子さま「令和版ロミオとジュリエット」映画化

「皇室制度のない米国はロイヤル(王室)に対して憧れを持つ人が多い。実際に米メディアは『なんとピュアな2人、ロミオとジュリエットみたいだ』『もし2人がアメリカで結婚式を挙げるなら、写真を絶対に見せてほしい』などと、日本の記事に対する米国民の反応を報じ、2人がやって来ることを心待ちにしています。
引用:週刊ポスト

 

ロミオとジュリエットのように、反対されればされるほど悲劇のヒロインのような気持ちになって燃え上がる眞子さまの恋心。「みんなが圭くんのことを悪くいうけど、私は信じない。私だけでも味方でいないと。」と、眞子さまはどこまでも一途です。

 

「圭くんには私がいなければ」と思いこむ眞子さまは、すっかり悲劇のプリンセス気分。物語の設定では、ロミオは15歳、ジュリエットは13歳、そして眞子さまはもうすぐ30歳。いい年をした大人なので「この恋心を貫きたい」と盲目な状態が哀れに見えてしまいます。

 

眞子さまは「国民はどうして私と圭くんの仲を引き裂こうとするの?」と憔悴し、激やせしたこともあったとのこと。しかし眞子さまは皇族の立場をよく解釈しているので「圭くんとの結婚を反対されるほど、恋心が燃えちゃうの。私には手に入らないものはないから!」と、両親から反対のある恋を楽しんでいるといいます。

 

komurokei

アメリカでは、眞子さまと小室圭さんのピュアな恋愛物語は大絶賛。多くのアメリカ人が、二人の結婚を温かく見守っているとのこと。すでに「令和版ロミオとジュリエット」として、ハリウッドで映画化の話が持ち上がっていると聞いています。

 

映画のラストは・・・

誰一人、眞子さまの味方はいない。
不安で震える眞子さまの手を、小室さんがそっと握る。
「大丈夫、俺がついてるから」

 

21世紀を代表する二人の恋物語。胸キュンストーリーの後に眞子さまの祈りの力で国難を救えば、ディズニー映画化も決定です。

 

眞子さま「小室圭さんへの執着の理由」

makosama

美智子さまに諭されても「絶対に小室さんとは別れない」と駄々をこねる眞子さま。以前から「アイドル顔の佳子さまより、先に結婚したい。」と宣言していました。

 

眞子さまの恋愛事情は日本だけではなく、海外にも小室さんとの仲を赤裸々にさらされてる状態。今回小室さんとの結婚が破談となれば、この先、眞子さまが結婚する可能性は低くなってしまいます。

 

眞子さまは意地とプライドと、小室さんとの結婚を逃したら後がないという恐怖が「小室圭さんへの執着」となっています。

 

また眞子さまは、顔の大きい男性が好み。ミッキーやドラえもんなど顔の大きなキャラが大好き。顔の大きな小室さんと一緒にいると安心するといいます。人の好みはそれぞれなので仕方がありませんが、眞子さまの好みは一般人とは違うようです。

 

 

コメント