ニュース・事件

山口県阿武町給付金の返金拒否は誰?もう名前特定で顔画像も出てる?

abuchoニュース・事件

山口県阿武町で4630万円が誤送金された問題で、給付金返金を拒否している住人は24歳の男性であることが公表されました。

すでに仕事先は辞めて、男性は所在不明とのこと。

男性の名前や顔写真はもうSNSで特定されているのでしょうか?

そこで今回の記事では、次のことを紹介していきます。

  • 山口県阿武町給付金の返金拒否は誰?
  • 振込先20代男性の名前特定で顔画像も出てる?

山口県阿武町給付金の返金拒否は誰?

山口県阿武町給付金4630万円を返金拒否しているのは、阿武町に住む24歳男性。

勝手な思いこみで60代男性だと考えていましたが、まだ20代男性ということで驚きです。

振込先20代男性は母親と一緒に暮らしており仕事もしていたとのことで、男性の背景(プロフィール?)を見るといたって普通の男性だという印象です。

給付金対象が非課税世帯なので、60~70代の男性を想像している人は多かったです。

振込先20代男性の名前特定で顔画像も出てる?

振込先20代男性の名前は特定されており、阿武町の公式サイト「阿武町役場Webサイト」にて訴状を確認することができます。

しかし現在、阿武町の公式サイトがサーバーダウン。

当サイトでは名前を記入することは避けますので、公式サイトにて訴状の内容を確認してみてください。

訴状事件は「不当利得返還等請求事件」で、今回は4630万円に加えて、弁護士費用および交通費等の諸費用を含む5115万円9939円が請求されています。

SNS上でも阿武町役場からのPDF資料が出ていて振込先20代男性の名前は特定されていますが、ちょうど隠れています。

コメント