エンタメ

江森敬治wiki風プロフィールは?秋篠宮さまとの関係はいつから?

emorikeijiエンタメ

5月11日ジャーナリスト江森敬治さんがインタビュー録「秋篠宮」を発売しました。

「秋篠宮」の中身には、令和皇室を支える秋篠宮さまの肉声が掲載されているとのこと。

本の中の文章では「秋篠宮は~」と書かれていて敬称がありませんが、江森敬治さんと秋篠宮さまの
関係がどのようなものなのか気になります。

そこで今回の記事では、次のことを紹介していきます。

  • 江森敬治wiki風プロフィールは?
  • 江森敬治と秋篠宮さまとの関係は?

江森敬治は1956年(昭和31年)、埼玉生まれで現在65歳、早稲田大学卒業後は1980年に毎日新聞社入社。

京都支局、大阪本社社会部などを経て1991年から約3年間、東京本社社会部で宮内庁取材を担当しました。

編集局集委員を務めて2022年3月に毎日新聞社を退社して現在は客員編集委員、ジャーナリストとして活動しています。

江森敬治のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前:江森敬治(えもりけいじ)
生年月日:1956年
出身地:埼玉県
出身大学:早稲田大学
職業:毎日新聞客員編集委員、ジャーナリスト

江森敬治さんと秋篠宮さまとの関係は?

江森敬治さんは、紀子さまを通じて秋篠宮さまと知り合いました。

江森敬治さんの妻が学習院大学に勤務しており、経済学部の副手となりました。

仕事の内容としては教授たちの秘書として資料整理をすることもあり、このとき紀子さまの父である川嶋教授の手伝いをよくしていたとのこと。

江森敬治さんの妻は川島家と親しくなり、当時まだ高校生だった紀子さまとも顔見知りとなりました。

そして秋篠宮さまと紀子さまがご結婚した翌年、1991年に秋篠宮ご夫妻が京都を訪問した際に、江森敬治さんは妻と一緒に秋篠宮ご夫妻に会いました。

当時の秋篠宮さまは24歳、紀子さま23歳、そして9歳年上の江森敬治さんは33歳。

紀子さまを通じて知り合いになり、江森敬治さんと秋篠宮さまは個人的な交流を温めているとのこと。

眞子さんが小室圭さんと婚約されたとき、秋篠宮ご夫妻と親しい江森敬治さんがコメントを述べていました。


一方で江森敬治さんは、「秋篠宮と親交の深いジャーナリストが苦言」というタイトル記事を掲載されたこともありました。

1991年京都で秋篠宮ご夫妻に会った翌年に眞子さんが誕生したことから、「もしかしたら紀子さまは懐妊していて、眞子さんとは生まれる前からお会いしていたのかも」とのこと。

江森敬治さんは、つい目線で眞子さんを見るてしまうことがあるそうです。

今回「秋篠宮」を発売した江森敬治さんですが、著書には皇室に関する書籍がたくさんあります。


秋篠宮 [ 江森 敬治 ]
↑↑↑
2022年に発売された「秋篠宮」です。

そして「美智子さまの気品」という著書もあります。


【中古】美智子さまの気品—陛下とお子さま、そしてお孫さまと歩まれた50年/江森 敬治

小室圭のゲーム三昧は本当?司法試験3回目は合格する?
小室圭さんがニューヨーク生活でゲーム三昧というのは本当?ニューヨーク州司法試験3回目は合格する?

コメント