生活

B-CASカードはどこで買える?再発行の購入日数とテレビ買い替えのときは?

B-CAS生活

テレビを観るときに必要になるのがB-CASカードで、テレビやレコーダーなどの受信機を購入したときには必ず取扱説明書と一緒にB-CASカードがついています。

B-CASカードを使ってデジタル放送や有料放送を視聴できるのですが、傷ついたり失くしてしまったりしてテレビを視聴できなくなる例は少なくありません。

B-CASカードは家電量販店やコンビニなどでも購入できるのでしょうか。

そこで今回の記事では、B-CASカードはどこで買えるのか調べてみました。

B-CASカードはどこで買える?

結論からいいますと、B-CASカードとは「B-CAS社から借りているもの」になります。

カードの所有者はB-CAS社となるため、B-CASカードを破損したり紛失したした場合はB-CAS社カスタマーセンターに連絡する必要があります。

B-CASカードのラップを剥がしてカードを取り出すことで、視聴者が契約約款に同意したことになるとのこと。

一般ユーザーには所有権がなく、あくまでもB-CASカードの所有権はB-CAS社に帰属します。

B-CASカードを紛失・破損した場合は、B-CAS社に連絡して再発行の申し込みが必要になります。

B-CASの公式サイトから再発行の申し込みができて、再発行手数料は1枚2,160円になります。

再発行手数料は着払いでの代金引換になりますが、送料・消費税込みで2,160円です。

B-CASカードは違うテレビに使える?

「B-CASカードは違うテレビにも使える」とネット上では言われていますが、B-CAS社としては新しいB-CASカードを使うことを推奨しています。

例えばリサイクルショップでB-CASカードなしのデジタルテレビが売られていた場合には、持っているB-CASカードを使うか再発行してもらうかになります。

リサイクルショップにテレビを売る時には、必ずB-CASカードを抜き取るように注意しましょう。

B-CASカードが他人に渡ると、NHKや有料放送の契約をしていた場合そこから情報が洩れる可能性が
あります。

テレビ買い替えのときは

テレビやレーコーダーなどの受信機を買い替えたときは、同梱されている新しいB-CASカードを使うことを推奨しています。

B-CAS社によると「古いカードを使い続けると、放送の受信ができなくなる場合があります。」とのこと。

以前使っていたB-CASカードは廃棄またはB-CAS社へ返却する必要があります。

もし一般ユーザーがB-CASカードを破棄する場合はB-CAS社への連絡が不要で、金色のICチップの部分を切断すれば情報漏洩の心配がなく大丈夫です。

コメント