エンタメ

ペルセウス座流星群2022今日何時から見れる?方角はどっちを見る?

ペルセウス座流星群2022今日何時から見れる?方角はどっちを見る?エンタメ

三大流星群のひとつである「ペルセウス座流星群」の天体ショーが始まりました。

2022年8月13日から活動のピークを迎えますが、条件がいいと1時間あたり30個ほどの流星数を見ることができます。

8月12日は満月で月が明るい時期ですが、ペルセウス座流星群2022は今日何時から見れるのか気になりますよね。

そこで今回の記事では、「ペルセウス座流星群2022今日何時から見れる?方角はどっちを見る?」
として観測方法をまとめました。

ペルセウス座流星群2022今日何時から見れる?

ペルセウス座流星群2022を見れるのは、8月11日~13日の3日間です。

今日何時からペルセウス座流星群を見れるのかまとめました。

8月12日 20時ごろから夜明けまで
8月13日 20時ごろから夜明けまで

8月12日は満月で、一晩中、月が夜空で輝くので、確認できるペルセウス座流星群の数は減る可能性があります。

東京の月の出、月の入りの時刻はこちら。

8月12日
月の出時刻は19:09、月の入り時刻は4:34

8月13日
月の出時刻は19:44、月の入り時刻は5:49

満月は明るく夜空を照らしますが、なるべく月を遮る位置であればペルセウス座流星群2022を見つけやすくなります。

次は今日のピーク時間がいつなのかを調べてみました。

ペルセウス座流星群2022今日のピークはいつ?

ペルセウス座流星群が最も多く流星が流れる時刻(極大時刻)は8月13日午前10時ごろで、昼間であるためにほとんど見ることができません。

実際にペルセウス座流星群を数多く見ることができるのは、極大前の8月12日夜と極大後の8月13日夜。

特に夜空に一番多く流星が出現するのは8月12日の夜から明け方にかけてで、13日夜明けの3時ごろが出現のピークで1時間あたり約30個ほどの流星が出現すると予想されます。

観測するなら8月13日夜明け3時8月14日夜明け3時ごろがおすすめです。

ペルセウス座流星群2022今日方角はどっちを見る?

ペルセウス座流星群2022の流星は四方八方に飛び出すので、どの方角をみても見つかります。

ペルセウス座流星群は北東の空から昇るので、ペルセウス座近くの放射点を見つけたら、放射点を中心に空全体を観察するようにしましょう。

ペルセウス座流星群2022を見つけるためには、まずはペルセウス座を見つけましょう。

ペルセウス座流星群の放射点は日没後には北の空に昇っています。

時間とともに北の空高くに昇るため観察しやすくなりますが、満月は一晩中輝くため、月あかりを手で遮って観察するのがおすすめです。

ペルセウス座流星群2022を見るためのポイント!

・街灯など明かりが少ない場所を選ぶ
・月とは反対の方角をみる
・15分ほど星空を見て目を慣らす
・地面に転がって全方角を見る

まとめ

今回の記事では、ペルセウス座流星群2022は今日何時から見れるのか、どの方角を見るのかについてまとめました。

◆ペルセウス座流星群2022今日何時に見れる?
8月12日 20時ごろから夜明けまで
8月13日 20時ごろから夜明けまで

◆ペルセウス座流星群2022今日のピークはいつ?
ピークの極大時刻は8月13日10時ごろ
極大時刻の前後2日間がおすすめ

◆ペルセウス座流星群2022今日の方角は?
どの方角を見ても大丈夫
ペルセウス座流星群の放射点から流れる

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント